BontaBonta

電話不調でご迷惑おかけしておりました。現在復旧致しました。
05-17 16:29

スポンサーサイト
BontaBonta

本日GW中日の平日ですが営業しておりません。お気をつけ下さい。
05-02 09:43

DSC0763620170421093353.gif
コチラの靴は口が開いたと言う事で修理に御持ち込み頂きました。
事前に爪先補強の為にスチールを取り付けた事で爪先は防げたが、その後方の出し縫いの糸が擦り切れて口が開き出していました。
DSC0763720170421093344.gif
DSC0764420170421093249.gif
しかし、靴底の厚みは十分に残っており、ヒールも半分以上の残っている状態で交換時期でもありません。

勿論オールソール交換すれば新品の様な状態になり、何の問題も無く履ける状態になるので間違いではありません。
しかし、その紋切り型の判断に疑問を感じます。

近年のコンピューターてんこ盛りの自動車は、コンピューターで故障診断して、コンピューターがだした結果を見て部品の総取っ替えが普通になって、車屋ではなく交換屋になっていると旧車好きからは言われていますが、この靴を見て『オールソール交換ですね。』と言うのは正に交換屋。

コンピューターてんこ盛りの自動車ならコンピューターが判断した結果を信用して交換する事を否定するつもりはありませんが、コンピューター0の靴の事は状態から判断して、オールソール以外の部分修理で対応も可能な場合は、オールソール、部分修理それぞれの御見積もり、それぞれのメリット、デメリットを説明した上で、修理方法を選択頂いております。
DSC0763920170421093335.gif
と言う事で、今回は部分修理で御願いしますと言う事になりました。

修理方法は、スチールを取り除き、スチールの溝を新たに革で埋めて、出し縫いの糸を抜き取り、新たに出し縫いをかけ直します。これで、口は閉じます。しかし、履いて暫くすればまた出し縫いが擦り切れて口が開いてしまうので、その上にハーフラバーソールを貼って出し縫いをカバーすると言う修理です。

コチラの写真は爪先のスチールの溝を埋めて、出し縫いを抜いて、ハーフソールを貼る下処理をした上で、出し縫いがかかる溝を掘り直した所です。
DSC0764120170421093410.gif
先ほどの溝に出し縫いをかけ直します。
DSC0764220170421093326.gif
新たに出し縫いがかかった状態です。これで口は閉じて暫くは履ける状態にまで来ました。この後、ハーフラバーソールを貼って、永らく履ける状態にします。
DSC0764320170421093257.gif
そして、ハーフラバーソールを貼りました。この後、余分な所をカットして、削って仕上げれば完成です。
DSC0764820170421093232.gif
DSC0765120170421093151.gif
そして、問題だったソールはしっかりと閉じ、コバも、出し縫いも奇麗になって修理痕は皆無です。
DSC0764520170421093241.gif
また、ソールの口の開きとは別で、爪先の擦り傷も気にされていました。すり傷ですが、傷は浅く、傷補修をするまでもないと言う判断で、靴磨きで対応させて頂きます。
DSC0764920170421093224.gif
仕上がりはコチラです。靴磨きで全く問題ありませんね。

以上、今回の修理は爪先レザー補修¥700、出し縫い¥1800、ハーフソール¥2000、靴磨き¥500トータル¥5000也

オールソールの場合は¥10800〜と考えると半額以下に納まりました。個人店ならではの柔軟な対応で、交換屋ではなく修理屋をやってます。

修理の相談御待ちしております。







DSC0757420170318171557.gif
コチラは、ジャランスリワヤの靴です。インドネシアで作られる本格靴です。

素材は欧州の高級靴店でも用いられるカーフが用いられており、製法はビスポークシューズも顔負けのハンドソーンウェルテッド製法です。しかし、価格は手頃で非常にコストパフォーマンスの高い靴です。
DSC0757520170318171758.gif
しかし、この靴にも弱点はあります。

先ず、出し縫いの弱さです。出し糸が擦り切れると必ずと言っていい程、糸がほどけてきます。
DSC0758620170319000914.gif
原因は出し糸にあります。写真左が元の糸。右が修理で使っている糸です。
素材も太さも異なります。オリジナルは細いナイロンの糸です。そして、修理に用いている糸は太い麻糸にチャン(松脂)を浸透させた糸です。ナイロンの糸自体は引っぱりには強いのですが、擦り切れやすく、チャンが入っていないため擦り切れてしまうと、滑って簡単に解けてしまいます。
DSC0757820170318171733.gif
そして、ソールの耐久性はイマイチで、すり減りが早いです。雨の日に履くとあっという間に穴が開きます。
DSC0758320170318171928.gif
DSC0758420170319000843.gif
そして中に詰めてあるコルクが必ずと言っていい程砕けてぼろぼろになっています。靴底に穴が開いている靴の場合は、砕け落ちて靴の中が空っぽになって、中底が完全に沈み込んで、サイズが緩くなる原因になっている場合もあります。
DSC0758220170318172449.gif
DSC0758120170318172501.gif
DSC0758020170318171724.gif
そして、底付けのバランスの悪さです。

ヒールのサイズやコバの出幅やフマズのエグリ等、もう少し意識を持って形作ればより良い靴になります。

以上、弱点の全てはオールソール時に素材やバランスを意識をしながら作業すれば改善できて、仕上がりは欧州の中堅ブランド靴かそれ以上の仕上がりを見込めます。

アンティークシューズにはこの逆で、底付けのバランスやソールの質等は秀逸な物を目にする事がありますが、アッパーの素材が顔料厚塗りで、交換のしようが無い部分が残念と言うパターンもあります。

この事から、価格含めカスタムベースとしては最高の靴と言えるのではないでしょうか?
DSC0758920170319000947.gif
と、言う事で先ずは砕け落ち難い板コルクで中物の詰め替えです
DSC0759120170319001213.gif
そして、ソールを貼って縫いをかけました。元はフマズより前はオープンチャネルでしたが、ちゃんと1周ヒドゥンチャネルで仕上げます。

そして、この靴の特徴の1つですがフマズ部分のみマッケ縫いになっております。こうする事でフマズをえぐる事ができます。

しかし、元の状態では折角のフマズマッケ縫いですが、フマズのえぐりはイマイチでした。
DSC0759720170319001516.gif
その残念なえぐりに修正を加えました。写真左は修正済み。右が修正前です。フマズのえぐりに変化が出たのが御解り頂けますでしょうか?

更に、一番幅の広い部分の見直しをして接地部のコバの形状も修正しております。
DSC0760720170319012226.gif
DSC0760520170319012235.gif
更にコバの出幅もバランス良く整えました。

写真上は修正前。下は修正後。不均一な出幅のコバが、ある程度均一に控え目な出幅のコバになりました。
DSC0760820170319002441.gif
そしてこんな感じで仕上がりました。フマズの感じやヒールのサイズの変化で雰囲気も変わったのがお分かりいただけますでしょうか?
DSC0757720170318171749.gif
DSC0760920170319002429.gif
写真上はフマズ部分の修正前。下は修正後です
形状、厚みの変化で側面からの見た目の印象も大きく変わりました。
DSC0761220170319002328.gif
DSC0761420170319002344.gif
横顔の変化ご覧下さい。前出の横顔写真と比較頂くとかなりの変化を感じて頂けるかと思います。
DSC0761020170319002357.gif
更にコバ上面にウィールをかけ直して、見た目が引き締まりました。

恐らくこの靴の定価の倍程する靴に引けをとらないワンランクアップの仕上がりになったかと思います。
オールソール価格+¥2000で底付けバランスの再考させて頂きます。

どこか見た目のバランスが悪いなと感じる靴をお持ちの方、オールソールのタイミングで一度ご相談下さい。






DSC0756220170228131255.gif
兎に角真っ黒な靴が完成致しました。黒いだけでは少し味気無い気もしますが、少し個性的なダイヤモンドキャプが良い味付けになったのではないでしょうか。
DSC0755920170228131143.gif
勿論、靴の中も真っ黒です。
DSC0756320170228125624.gif
靴底も真っ黒の全カラス仕上げですが、お腹の部分にのみ蝋を入れて磨き上げた、全カラスの半カラス仕様です。

黒光る中にイニシャルネイルのアクセントを効かせています。
DSC0755320170228125620.gif
ヒール部には縫い目がなく、丸く奇麗なお尻のシームレスヒールです。

靴の中を縫う、すくい縫いは手縫いですが、それ以降の出し縫い等の作業は主に機械による仕事ですが、随所に手仕事のエッセンスを入れていい感じに纏まった9分仕立てとなりました。

しかし、手縫いで製作すれば更にいい雰囲気が出ます。

あくまで見た目。ほぼ自己満足で、履き心地もほぼ変わりません。それでも求めてしまうのが靴好きの性ですね。取り敢えず、9分仕立て体験してみて、2足目はフルハンドで如何でしょうか?

しかし、どの分野も同じかとは思いますが、凝り出すと終わりの無い泥沼の世界ですから注意が必要ですよ。