FC2ブログ
DSC0840520180917055620.gif
DSC0840720180917055640.gif

こちらは2012年に私共で製作させて頂いた靴です。
この様な状態で修理戻ってくると言う事は、お気に入りの道具としてガンガン履いて頂けている証拠で非常に嬉しく思います。

あまり靴に興味の無い人からすれば、一見もう処分しなくてはと思わせる様な状態かも知れませんが、全く問題御座いません。
DSC0840820180917055655.gif
私共で製作している靴は、修理を前提とした製法で、この様にメンテナンスを繰り返しながら永年履ける様に作られております。

画像の様にヒールも木釘で打ち留めており、履いている時は木釘が湿気を含んで膨らみヒールが剝がれる事を防ぎ、剥がそうと思うと、靴に負担をかける事無く剝がれる様になっております。
DSC0840920180917055710.gif
靴の中はこんな感じ。中底の裏が地面と擦れていた為少しすり減ってはいますが、元の厚みが6ミリ程ある中底ですので、十分に厚みが残っており、問題はありません。
DSC0841120180917055728.gif
そして、ここでインソールに少し水分を含ませて、この靴を作った時に使用した木型を入れて、沈み込んだインソールをもとの状態に戻す様にハンマーで叩いて癖付け直し。

最後はコルクを盛って靴の中身は復活です。この時点で古い出し糸は全て抜いて、スクイ縫いが痛んだいれば縫い直しますが、この靴に関しては全く問題無しでした。
DSC0841220180917055746.gif
新しいソールを貼って、出し縫いをかけ直せる様に加工。
DSC0841420180917055831.gif
そして、同じ穴を拾う様に出し縫いを縫い直しました。
DSC0841920180917055927.gif
最後はヒールを元と同じ様に木釘で打ち留めながら積み上げれば完全復活です。
DSC0841620180917055909.gif
作った木型がある事は非常に強みで、永年履き込んだ履き皺を伸ばしながら、インソールの沈み込み、擦り減り等を補いつつ修理する事が可能で、驚く程元通りに復活します。

メーカーに修理依頼を出すと断られて、色々検索した結果、当店に持ち込まれるケースが多々あります。作った以上は修理は出来るはずなのに、対応しないのは如何な物かと思ってしまいます。

メーカー側にも大人の事情があるのでしょうが、作りっぱなしの売りっぱなしには疑問を感じます。

とはいえ、そう言ったメーカーがあるから当店を利用下さって、我々はご飯を食べる事ができている事も事実.....。

非常に悩ましい。


スポンサーサイト
DSC0833220180509063439.gif
こちらは、オールデンのローファーです。素材は定番のコードヴァン。
DSC0833320180509063420.gif
コードヴァンの質感と無骨なデザインのローファーの組み合わせは非常に魅力的ですが、素材的にもデザイン的にもテンションが掛かるサドルの端は裂けやすいでね。
DSC0833420180509063404.gif
裂けた物は元には戻らないので、新たに製作する事になりました。

先ずはサドルの取り外しです。
DSC0833620180509063921.gif
取り外したサドルから、型紙を作りました。
DSC0833820180509063905.gif
そして、型紙を使って新しいサドルを切り出しました。今回は御客様が同色系のグレインレザーを選択されました。
DSC0834120180509063849.gif
そして、元の位置に縫い付ければ完成です。
以上、イメチェンを図りながらの今回の修理¥4500也。


DSC0816220180220224802.gif
こちらはエドワードグリーンの靴です。
DSC0816320180220224810.gif
靴底は踏まず部分のみ色の入った半カラス仕上げです。
半カラス仕上げの雰囲気を壊さない様に、ハーフラバーをラウンドカットして貼って欲しいとお持ち込み頂きました。
DSC0816420180220224831.gif
先ずはソールを半カラスのラウンド同様に加工します。ハーフラバーとの境界線ではハーフラバーとソールの面が合う様に、ラバーの厚み分の溝を掘ります。
DSC0816520180220224843.gif
そしてラバーも同じ様にラウンドにカットします。
DSC0816620180220224826.gif
後は通常通り、貼り合わせて余分な部分はカット。そして削って仕上げればこの仕上がりです。
先に加工しておいた溝にハーフラバーが納まって面が合いました。
DSC0816720180220224853.gif
勿論、横からの見た目も問題無しです。

以上、今回の修理は¥2500也。

誰も見ない靴底ですが、できる事ならオリジナルの意匠を崩す事無くハーフラバーを貼りたいと言う拘りのある方は是非。

DSC0800320180110190519.gif
こちらは、オールデンのプレーントゥダービーです。DSC0800420180110190455.gif
ソールの仕様は、Wソールのレザーソール。

しかし、履き込んでだいぶソールがすり減ってきております。ですので、プランテーョンソールかタンカーブーツの様にWソールにタンクハーフソール&タンクヒールにオールソール交換しようかと悩まれておりました。

そこで、タンクブーツの様な仕様であれば、オールソール交換する事無くプランテーションソールの半額程度でカスタム可能である旨伝え、今回はオールソール交換無しでタンクブーツの仕様にする事になりました。
DSC0800520180110190445.gif
DSC0800720180110190435.gif
先ず、タンクハーフソールを貼る部分のみウェルトとソールの間に包丁を入れて出し縫いをカット。そして、出糸を全て抜きます。

これが最後のウェルト上面の仕上がりを左右します。
DSC0800820180110190428.gif
そして、通常の修理同様にハーフソール、ヒールを貼ります。
DSC0801120180110190419.gif
そして、タンクハーフソールに出し縫いをかけますが、コバのエッジまで凸凹だったハーフソールを加工して、コバのエッジ付近の凸をカットしてフラットになる様に加工した上で、出し縫いをかける事で出し縫いが地面と擦れて、簡単に切れてしまわない様にしています。
DSC0801320180110190408.gif
先ほどだし糸を抜いていたので、コバ上面の仕上がりは違和感無い見た目です。
DSC0801420180110190359.gif
そして、仕上がりはボトムに厚みと凹凸がでて無骨さが増しました。

以上、今回の修理は
タンクハーフソール¥2700
タンクヒール¥2500
出し縫い¥1800
合計¥7000也

靴の状態、仕様によっては必ずしもオールソール交換が必要と言う訳では有りません。価格を抑えながら、仕上がり上々の修理がある事もございます。

DSC0799420180108174821.gif
明けましておめでとうございます。
本年も旧年同様よろしくお願い致します。

本年1足目の特殊な靴の修理です。

ポールセンスコーンのビスポークです。
DSC0799620180108174800.gif
ブラインドウェルトと言って、ウェルトが付いて出し縫いもかかっているけれどもコバの出巾はほぼ無く、マッケイ製法の様な華奢な仕上がりのハンドソーンウェルテッド製法です。
DSC0799520180108174811.gif
しかし、残念な事に土踏まずのアッパーが口を開いています。

一瞬、スクイ縫いが切れており、靴をばらしてスクイ縫いを縫い直し、オールソール交換かなと思いました。
勿論、手製靴ですのでそうすれば完全に元通りになります。

しかし、出し縫いまで全て手縫いで縫う他、ブラインドウェルトの仕上げをする事ができないので、修理費用はかなり高額になります。
DSC0799820180108174750.gif
そこで、何とか靴をばらす事無く見た目を極力変えないで、そして、今後オールソールのタイミングで理想的な修理ができる状態を保つ修理方法は無いだろうかと靴を前に色々と考えました。

土踏まずのウェルトを縫い付ける位置が中底のエッジからかなり奥に有る為、スクイ縫いに影響を与えずにマッケイ縫いをかける事ができる事を思いつきました。

DSC0799920180108174732.gif
DSC0800020180108174722.gif
と、言う事で、ヴェヴェルドウェストで伏せられたソールを起こし、その中にマッケイ縫いが隠れる様に手縫いマッケイです。
DSC0800220180108174706.gif
最後は、起こしたフマズを元に戻して、アッパーに沿わせれば何も無かった様に復活です。

そして、何故この様な事になったかと言うと、ここからは推測ですが、恐らく仮縫いをウェルトを縫い付けた後に行い、恐らくきつかったのでしょう。

きつかった分を巾出ししたため、アッパーの余裕が足りず、すくい縫いがかからなかったのではなかろうかと考えております。

以上、今回の修理は¥4500也。
もし、靴をばらし、アッパーを釣り直し、スクイ縫いを縫い直し、オールソールをフルハンドでブラインドウェルトで仕上げるとなると¥35000〜となります。

原因、素材、状態、製法....etc様々な方向から見て、修理方法をご提案させて頂きます。