上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC0800320180110190519.gif
こちらは、オールデンのプレーントゥダービーです。DSC0800420180110190455.gif
ソールの仕様は、Wソールのレザーソール。

しかし、履き込んでだいぶソールがすり減ってきております。ですので、プランテーョンソールかタンカーブーツの様にWソールにタンクハーフソール&タンクヒールにオールソール交換しようかと悩まれておりました。

そこで、タンクブーツの様な仕様であれば、オールソール交換する事無くプランテーションソールの半額程度でカスタム可能である旨伝え、今回はオールソール交換無しでタンクブーツの仕様にする事になりました。
DSC0800520180110190445.gif
DSC0800720180110190435.gif
先ず、タンクハーフソールを貼る部分のみウェルトとソールの間に包丁を入れて出し縫いをカット。そして、出糸を全て抜きます。

これが最後のウェルト上面の仕上がりを左右します。
DSC0800820180110190428.gif
そして、通常の修理同様にハーフソール、ヒールを貼ります。
DSC0801120180110190419.gif
そして、タンクハーフソールに出し縫いをかけますが、コバのエッジまで凸凹だったハーフソールを加工して、コバのエッジ付近の凸をカットしてフラットになる様に加工した上で、出し縫いをかける事で出し縫いが地面と擦れて、簡単に切れてしまわない様にしています。
DSC0801320180110190408.gif
先ほどだし糸を抜いていたので、コバ上面の仕上がりは違和感無い見た目です。
DSC0801420180110190359.gif
そして、仕上がりはボトムに厚みと凹凸がでて無骨さが増しました。

以上、今回の修理は
タンクハーフソール¥2700
タンクヒール¥2500
出し縫い¥1800
合計¥7000也

靴の状態、仕様によっては必ずしもオールソール交換が必要と言う訳では有りません。価格を抑えながら、仕上がり上々の修理がある事もございます。

スポンサーサイト
DSC0799420180108174821.gif
明けましておめでとうございます。
本年も旧年同様よろしくお願い致します。

本年1足目の特殊な靴の修理です。

ポールセンスコーンのビスポークです。
DSC0799620180108174800.gif
ブラインドウェルトと言って、ウェルトが付いて出し縫いもかかっているけれどもコバの出巾はほぼ無く、マッケイ製法の様な華奢な仕上がりのハンドソーンウェルテッド製法です。
DSC0799520180108174811.gif
しかし、残念な事に土踏まずのアッパーが口を開いています。

一瞬、スクイ縫いが切れており、靴をばらしてスクイ縫いを縫い直し、オールソール交換かなと思いました。
勿論、手製靴ですのでそうすれば完全に元通りになります。

しかし、出し縫いまで全て手縫いで縫う他、ブラインドウェルトの仕上げをする事ができないので、修理費用はかなり高額になります。
DSC0799820180108174750.gif
そこで、何とか靴をばらす事無く見た目を極力変えないで、そして、今後オールソールのタイミングで理想的な修理ができる状態を保つ修理方法は無いだろうかと靴を前に色々と考えました。

土踏まずのウェルトを縫い付ける位置が中底のエッジからかなり奥に有る為、スクイ縫いに影響を与えずにマッケイ縫いをかける事ができる事を思いつきました。

DSC0799920180108174732.gif
DSC0800020180108174722.gif
と、言う事で、ヴェヴェルドウェストで伏せられたソールを起こし、その中にマッケイ縫いが隠れる様に手縫いマッケイです。
DSC0800220180108174706.gif
最後は、起こしたフマズを元に戻して、アッパーに沿わせれば何も無かった様に復活です。

そして、何故この様な事になったかと言うと、ここからは推測ですが、恐らく仮縫いをウェルトを縫い付けた後に行い、恐らくきつかったのでしょう。

きつかった分を巾出ししたため、アッパーの余裕が足りず、すくい縫いがかからなかったのではなかろうかと考えております。

以上、今回の修理は¥4500也。
もし、靴をばらし、アッパーを釣り直し、スクイ縫いを縫い直し、オールソールをフルハンドでブラインドウェルトで仕上げるとなると¥35000〜となります。

原因、素材、状態、製法....etc様々な方向から見て、修理方法をご提案させて頂きます。





DSC0793920171114184843.gif
こちらはステファノブランキーニのブーツです。ノルヴェジェーゼ製法でトゥの形状とは関係無しに角ばったコバがこれでもかと言うぐらい張り出しており、これぞブランキーニと言う靴ですね。
DSC0794020171114184836.gif
しかし、この靴はコバの張出しが激しいためスチールの取り付けが厄介です。
DSC0794220171114184827.gif
ヴィンテージスチールは様々なサイズの御用意が有ります。爪先のサイズに合わせて適した物を選択します。
DSC0794320171114185043.gif
しかし、一番大きなサイズでも合わず、ネジ穴がはみ出してしまいます。
DSC0794420171114185034.gif
トリッカーズの様な爪先にボリュームが有る靴ではたまに同じ様にヴィンテージスチールの巾が足りずこのトライアンフスチールで代用させて頂く事がございます。

しかし、この靴は爪先が角ばっているため、全てを覆うと先ほどと同じくネジ穴がはみ出してしまいます。
DSC0794820171114185159.gif
では、どうするか?

この爪先が直線のこの靴に限っては問題ございません。
こんな感じでビンテージスチールを取り付けることができるのです。
DSC0794620171114185207.gif
裏はと言うとこうなっています。
加工が、直線ではなく曲線になる為少し作業の難易度が上がりますが、何て事有りません。
通常通り面一でスチールの取り付け可能です。

以上、今回の修理は¥1900也。

正に逆転の発想。ブランキーニにスチールの取り付け諦めていた方は是非ご相談下さい。

DSC0788720170922102136.gif
コチラ人気のレペットの靴です。爪先に穴が開いたと言う事で修理に御持ち込み頂きました。

穴と言っても、靴底の爪先ではなく、甲革の爪先の穴です。
DSC0788820170922102145.gif
問題の穴はこんな感じです。靴底の薄いレペットは履き込むとどうしても爪先が地面に擦れて気がついたら穴が開いてしまいますね。

一般的なフラットシューズの場合この状態になったら、修理不可。できてもデザイン変更が前提での修理となりますが、バレーシューズの特殊な製法で作られるレペットの靴の場合は元通りに修理する事が可能です。
DSC0788920170922102152.gif
修理は先ず、靴を裏返す事からです。靴を裏返すって事はどう言う事かと思われますが、画像の様に完全裏表が逆転の状態にします。これも柔らかい作りのレペットだから出来る事です。
DSC0789020170922102200.gif
裏返ったら、次は穴周辺の底縫いの糸をほどきます。そして、少し見え難いかも知れませんが、今度は赤い点の部分を底と縫って行きます。
DSC0789220170922102342.gif
DSC0789120170922102207.gif
こんな感じで、靴底側同じ穴を、甲革は先ほどの赤い点を穴開けて縫って行きます。
DSC0789320170922102357.gif
縫い上がりはこんな感じです。穴が開いていた部分が外に出てきました。
DSC0789520170922102418.gif
外に出てきた穴が開いていた部分は不要なのでカットして靴を表に返します。これが靴を表に返している途中です。
DSC0789620170922102429.gif
表に返すとご覧の様に復活です。実際は僅かながら縫い縮めているので形が変わり、サイズ感も変わりますが、これもまたレペットのソフトな革に助けられます。革用の柔軟剤を用いて革を少し伸ばし、形を整えれば問題無しです。
DSC0789820170922102456.gif
甲革は復活しましたが、このまま履けば又地面と爪先はすれて時間の問題で穴が開きます。ですので薄くなった底をハーフラバーソールで補強すれば、もう姑く問題なく履いて頂けます。
DSC0789920170922102505.gif
以上で完全復活です。

今回の修理はハーフソール¥1800+爪先穴補修¥3000=¥4800也。

この靴の様に、製法や素材を見極めれば無理そうに見える靴でも元通りにする事が出来る場合がございます。お気軽にご相談下さい。


DSC0781520170816112949.gif
オールソールに関してよくお問い合わせ頂く事がございます。

それは、オプションに関してです。『ヒドゥンチャネルにした場合は?』・『飾り釘は?』・『コルクを詰めて直して欲しいけど?』....等です。

基本的にこの辺りは全てオールソールの費用に含まれます。実際にオールソール交換をご依頼頂いたこの靴を参考に、オールソール交換の内容をご覧下さい。
DSC0781920170816113308.gif
当たり前ですが、靴をばらします。
DSC0782320170816113252.gif
DSC0782520170816113244.gif
靴をばらしたままでは、出し縫いの糸は残ったままですので、一目一目糸を抜きます。
お店によってはこのまま抜かずに仕上げるところもあります。靴として履くには問題ありませんが、ウェルト上面の仕上がりが汚くなってしまうので、抜ける糸は必ず抜く様にしております。
DSC0782020170816113259.gif
そして、コルクが砕け落ちていたので充填し直します。
コルクを詰め直して、ソールの仕上がり形状を意識して、詰め込んだコルクを削ります。接地面以外、シャンクの上などはコルクの詰め方で履き心地に影響が出る場所では無いので、靴によってはコルクが入っていない場合もありますが、先ほどの出し糸の話同様、最終的なソールの仕上がり意識して、コルクを詰め、削り奇麗な底面形状を作っています。
DSC0782620170816113236.gif
DSC0782720170816113229.gif
そして、ソールを貼ります。このソールも貼る前に仕上がりをイメージして、フラットな革を曲げて、ある程度ソールの底面形状のクセ付け後貼ります。フラットなソールが接地部分だけが地面についており、爪先やフマズ部分が浮いている事からおわかり頂けるかと思います。
DSC0782820170816114320.gif
DSC0782920170816114351.gif
そして、ウェルトの出幅に合わせてソールを切り回し後、ヒドゥンチャネルの加工をして、出し縫いです。
加工で掘った溝に出し縫いが納まります。
DSC0784320170816114305.gif
DSC0783020170816114335.gif
そして、出し縫いが終わったら革を伏せ戻します。出し縫いは、先程のミシンの写真を見て頂いたらわかるかと思いますが、靴底側を見ながら縫う事になります。ですので、一目ずつウェルト上面から穴を見て縫う事は不可能で、100%同じ穴を拾う事は難しいのです。しかし、極力同じ穴を拾う様にミシンを調整をすれば100%に近い確率で穴を拾う事が可能な場合もあります。

この靴に関しては100%に近い確率で元穴を拾えています。
DSC0784620170816114228.gif
DSC0784720170816114221.gif
ヒールを積み上げて、化粧釘を打ちます。化粧釘は真鍮釘で、柔らかく、歩いているうちにヒールと共に削れてくれるので、鉄くぎより滑り難いです。
DSC0785220170816114245.gif
DSC0785320170816114236.gif
後は、ソール、ヒールを削り、形を整えて、ソールを磨き上げればソールは完成。
DSC0785620170816114134.gif
最後は作業中にホコリにまみれたアッパーを磨けばオールソール交換の作業終了です。
DSC0786120170816114012.gif
DSC0785920170816114043.gif
ヒールやコバもしっかり磨き上げて、要所にコテ掛けをして引き締まった見た目に仕上がっております。

以上がオールソール交換の作業です。当店でオールソールと言えば最後の磨きまでの全ての工程が含まれます。費用は¥10800

価格の変動はあくまで素材の違いです。例え¥10800のレザーソールを選択されても、¥17000のソールを選択されても作業内容は全く同じです。あくまで素材の違いです。

勿論、素材が変われば履き心地や耐久性に違いは出て来ます。しかし、同じ作業工程ですので、仕上がりの見た目の違いと言う点ではソールの色や若干の厚みの違いです。

どうぞ、オールソールをお考え中の方は参考になさって下さい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。