2010.06.29 昔のGUCCIの靴
IMG_065620100629210532.jpg
贔屓にして下さってるお客様より、20~30年前に買ったと言うGUCCIのローファーの修理をお預かりしました。修理の内容は、トップリフトの交換と、歳をとって足が痩せ少し緩くなったのでサイズ調整をして欲しいと言う内容。先ず、御預かりした瞬間に驚いたのが革質の良さです。既製品に使う革とは思えない程奇麗で、程よく肉厚で、良い部位(牛のお尻部分)特有の弾力が有りました。以前、年配の職人さんが、昔の革は本当によかったけど、最近は全体的に質が落ちてると仰っていたのを思い出しました。更に、トップリフト交換の作業で、ヒールの革を一枚はがしましたが、それも良い素材が使われていました。昔は、それが当たり前?それとも、たまたまこの靴が良い部位が当たっただけ?もしこの靴が、GUCCIで無くても、10万円程で売っていて、足に合うようなら決して高い買い物ではないと思います。それ程、良い素材が使われていました。紹介まで。
スポンサーサイト