DSC0226620110930215733.gif
先日ばらした靴に、本底を貼り切り回した状態です。この靴奇麗に見えますが、塩が浮いて来ておりますので、それを洗い落とすことなりました。
DSC0226820110930215723.gif
写真では伝わりにくいですが、キャップの後方が白くなっているのが御解り頂けますでしょうか?

このような塩が数カ所見受けられます。
DSC0226920110930215716.gif
日頃から御手入れされている靴ですのでワックスやクリームが着いています。それを一度、よごれ落としで拭き取ります。

写真右がよごれ落とし後、左がよごれ落とし前です。

ワックスやクリームが落ちて艶がなくなったのが御解り頂けるかと思います。
DSC0227020110930215708.gif
そして靴全体をびっしょり濡らします。この時、先ほどのよごれ落としの作業をしなかったら、水が染込む部分とはじく部分が出て来て、靴を洗ってるのに、結果水シミを作る事となってしまいます。
DSC0227120110930215648.gif
後はゴシゴシとサドルソープで塩分やよごれを洗い落とします。
DSC0227420110930215641.gif
そして、サドルソープで汚れを落とせたら、後は乾かすだけです。

この時、靴に最適な木型やシューツリーを入れて履き皺を伸ばす様に手でアッパーを撫でつけてやります。すると、履き皺も伸びて、汚れが落ちて奇麗になるだけでなく、形も奇麗になります。

オールソールで靴底は奇麗になり、アッパーの汚れも落ちて、履き皺も伸びて、ここ迄来たら、仕上がりは新品同様の靴を目指します。
スポンサーサイト