DSC0793920171114184843.gif
こちらはステファノブランキーニのブーツです。ノルヴェジェーゼ製法でトゥの形状とは関係無しに角ばったコバがこれでもかと言うぐらい張り出しており、これぞブランキーニと言う靴ですね。
DSC0794020171114184836.gif
しかし、この靴はコバの張出しが激しいためスチールの取り付けが厄介です。
DSC0794220171114184827.gif
ヴィンテージスチールは様々なサイズの御用意が有ります。爪先のサイズに合わせて適した物を選択します。
DSC0794320171114185043.gif
しかし、一番大きなサイズでも合わず、ネジ穴がはみ出してしまいます。
DSC0794420171114185034.gif
トリッカーズの様な爪先にボリュームが有る靴ではたまに同じ様にヴィンテージスチールの巾が足りずこのトライアンフスチールで代用させて頂く事がございます。

しかし、この靴は爪先が角ばっているため、全てを覆うと先ほどと同じくネジ穴がはみ出してしまいます。
DSC0794820171114185159.gif
では、どうするか?

この爪先が直線のこの靴に限っては問題ございません。
こんな感じでビンテージスチールを取り付けることができるのです。
DSC0794620171114185207.gif
裏はと言うとこうなっています。
加工が、直線ではなく曲線になる為少し作業の難易度が上がりますが、何て事有りません。
通常通り面一でスチールの取り付け可能です。

以上、今回の修理は¥1900也。

正に逆転の発想。ブランキーニにスチールの取り付け諦めていた方は是非ご相談下さい。

スポンサーサイト