FC2ブログ
最近、この仕事をしながら高級靴は売れていると実感しています。
既製靴であっても1足20万・30万円超えの靴が毎日の様に持ち込まれたり、送られて来ます。
高級車や、高級腕時計なども同じで、頭に「高級」が付く市場は景気が良い様ですね。
羨ましい限りと思いながらも、その恩恵に預かっております。
しかし、これらの靴を履きながらも、何故こんなに高いの?と聞かれる事があります。
自動車の様に、メーカー側がスペックを数値で表記し、自動車評論家の評論が載った雑誌やネット記事が簡単に見つかればいいのですが、靴にはそう言った情報は少なく、あっても欧米の老舗メーカーをべた褒めする主観混じりの曖昧な情報が多いなと感じます。
それ故、「高いメシは旨い」みたいな感覚で、高い靴はいい靴だと思い込み、食べログの点数を見る感覚で、ネットの評価を鵜呑して履いては見たけど。実際のところ...???
という疑問が生まれ、「何故高いの?」と聞かれるのではないだろうかと思っています。
そこで、靴を作り進めながら、製品として仕上がった靴からは伝わりにくい靴の内部を紹介する事で何か見えてくるのではないかと思い、以下長々と書いてみました。
まず中底の厚みを見て下さい。5ミり程とアウトソール並の厚みがあります。
その中底にウェルトを縫い付ける為の溝を掘ります。中底中心部は元厚が残り、沈み込みが少ない靴となります。また、厚い分耐久性もあります。
通常、グッドイヤー製法の靴ですと中底の厚みはこの半分程度で、その足りない厚み分をコルクで埋める事になり、履き込むにつれて靴によっては沈み込みが激しくルーズな靴になってしまうのです。
少し横道にそれますが、グッドイヤー製法の靴に関してはゆったり目よりも可能であれば少しタイト気味な靴を履き慣らす事を提案させてもらってます。



そして靴の爪先とカカト周りには芯が入ってます。
厚みのある革を水につけ込んで、柔らかくして、端に厚みが出ない様に漉きます。
カカト芯に関しては分厚いところで3ミリ程、爪先で2ミリ程厚みを残して作っています。
分厚い芯をまとめるのは大変な為、量産の既製靴となると芯の厚みは薄く、物によっては革では無くパルプ芯だったりもします。勿論、耐久性は劣り、型崩れしてきます。
そして、アッパーの縫製です。
同じ革の近い部位でパーツを切り出します。背中に近く、お尻に近い部位がキメが細かく綺麗です。
対して、お腹に近く、頭に近くなるとキメが荒く銀浮きなど出やすく、耐久性が劣ります。
私の人生最低時給バイトだった製甲屋さん(アッパーを専門に縫製する商店)では、裁断屋さんから同じパーツが大きなビニール袋に入って来て、それを縫いあわせてアッパーにするという仕事でした。
勿論、同じ革から取ったパーツでも無いし、部位でも無いので、左右で品質はバラバラです。
上代価格が、1万円程度の靴なので当たり前ですが、パーツの取り方一つとっても別物です。
そして、裁断、穴あけと続きます。

そして、ビーディングです。
これは、履き口の処理のひとつで、最も単純な処理は切りっぱなし。読んで字の如く、切りっぱなしのまま。
そして、折り込み。これはアッパを内側に折り込む処理。折り込み機があるので。以外と手軽に処理できます。
そしてパイピング。履き口を薄い革では包む処理。アメリカの靴には良くこの処理が見られます。
見た目は良いんですが。薄く漉いた革を用いる為、履きこむと擦り切れてしますと言う弱点があります。
強度と見た目の良さを併せ持つのがこのビーディングです。革の断面が山型になる様に漉いて、半分に折ります。
それをアッパーと、ライニングに挟んで縫うという処理です。
アッパーとライニングの、間から顔を覗かせたビーディングは、厚みのある山の頂上で、パイピングの様に簡単には擦り切れません。それでいて見た目も良いと言う処理。
弱点は手仕事となる為手間暇がかかると言う点です。
そして穴隠し。穴飾りの裏に穴隠しを貼らないと、内側からノリがはみ出て来たり、ライニングの、裏側が丸見えになったりと見っともないです。
この穴隠しは厚みは限りなく0に近い方が良いので手でペラペラに漉きます。
アイレット補強。靴紐でテンションがかかるアッパーは裏から補強革を当て縫い止めます。
アイレットの補強と伴い羽根にコシが出て、カチッとします。

ライニングを貼って履き口を縫い止めた後に余分なライニングをカットします。
後はミシンで縫って、最後は最もテンションが、かかる部分をアッパー、ライニング、タンをまとめて縫い止める閂を手縫いで縫えば完成です。
因みに、この閂に見た目だけのフェイクも存在します。フェイク故テンションに負けて時間が経つとほつれてきます。
名前は伏せておきますが、結構売れてるメーカーさんが実はフェイクなんですよ。
因みにアッパーとライニングの間にはサイドライニングと言う爪先の芯とカカトの芯を繋ぐソフトな芯が入っています。
このサイドライニングが型崩れを防いでくれます。
完成したアッパーを吊り込みです。先程説明したサイドライニングが、爪先の芯の下に重なっています。
もう見ることができませんが、カカト芯の下にもサイドライニングが潜り込んで、靴一周が何らかの芯に囲まれている状態となります。
そして、ウェルトを事前に加工した中底の溝を使って縫い止めます。
縫い終わったら、シャンクとコルクを詰めます。コルクは先程説明した様に溝を埋める程度で極少量です。
ソールを貼って、切り回し、底面を縫うための溝掘りをした後、出し縫いです。
別に出し縫いが底面から丸見えになっても構わないけど、やはり出し縫いが見えない方が仕上がりは美しく、直接地面と出し糸が擦れて切れるまでの時間が稼げます。
見た目にも耐久性にも優れた仕様です。
出し縫いのために起こした溝を伏せて、ヒール部分を木釘で打ち止めました。
ヒールをつけた後、靴の中から長い釘で打ち止める中打ちと言う作り方もありますが、長くそれなりの太さの靴を何本も打つので靴が重くなります。
また、しっかり止まるけど、バラすのは手軽と言う修理をする事を前提とした作りです。
そして、ヒールを積みます。
しかし、ソール底面は丸みを帯びており、そこにお椀を被せるようにしないとヒールが地面としっかり設置しません。
カカトの骨はボールの様な形で、そのボールを入れるカップの様な形をした中底底面の形を拾って、ソールは丸みを帯びております。
この、丸みはヒールを手軽に積むのには邪魔なので、木型をフラットに作って丸みを出さない様にされている事も有ります。
これは、履き心地を犠牲にして、ヒールの積み上げを効率化するためです。
たまに、中敷の下に中心が窪んだスポンジを入れて、カップに踵骨が収まる様な履き心地になる様に工夫されてるメーカーなども有ります。
ヒールを一枚積んではソールのお腹の膨らみをとってを繰り返し、最終トップリフトは地面としっかりと接地する様になりました。
ヒールが積み上がれば靴の形になり、コバの出幅やヒールのサイズを削り整えて、色を入れれば完成です。
この靴はカラス仕上げになってます。
靴底なので履けばそれまでですが、仕上がりの印象は別物となります。
最後はアッパーの仕上げ。製作で埃を被り艶の無かった革も磨けばツヤツヤです。あわせて靴底も磨けばピアノの様な輝きです。
こんな感じで、厳選した素材を用いて、手間暇かけて作った靴にブランドの歴史やストーリーその他諸々が付加価値として加わって2.30万円となるわけで、そこに価値を感じる人にとっては価格が妥当になります。
これを高いと感じるのは価値観の違いで、どうして高いの?と言われたら、そのブランドに価値を感じて買う人がいて、高くても売れるから高いだけで、靴の作り、品質とはまた別の話だと思います。
ブランドロゴの入った中敷を全部外して、百貨店の平場で売ってもその値段は通りません。
ですので、履いては見たけど、結局のところ何故高いの?と感じてる人はブランドの価値を抜きにして、靴の本質を見極めようとしているからではないでしょうか?
以上参考に、どの様な素材が使われて、どの様な工程を経て、どれだけの仕事量があるか想像し、プラスαのブランド料を加味して本当にその靴が高いか考えてみてください。
もしかしたら30万円した靴が安いと思えるかもしれません。
逆に高いと思った方は安いと思えるところが大阪駅前第三ビルにBontaと言うお店がありますよ。
安売りしてるわけではなく、ブランド料と言う概念を抜きにして、靴の作り、品質本位で勝負してるからです。だから、所謂一流ブランドとは雲泥の差。貧相な靴箱にショッピングバッグ。店内はホコリっぽく、スーツを着た店員はおらず、汚れたエプロンと汚れた手のスタッフが接客です。
結局、どれだけ今から頑張っても莫大な資金力のあるコングロマリット率いるブランドと勝負しても勝ち目はありませんから、こんなスタイルでやってます。
開き直りと言われたらそれまでかも知れませんが、高級以外が不況な世界で、生き残る為の手段だと思ってます。
以上、長々となりましたが結局当店の広告の様になっちゃいました。ごめんなさい。
お付き合いありがとうございます。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/1042-b7d3ecc2