IMG_123320101013195740.jpg
先日御持ち込み頂いたスコッチグレインのオールソールです。
今迄、オールソールに関してざっくり説明していたヒドゥンチャネルを少し堀り下げてご紹介しようと思います。

靴底を縫い付ける糸が見える底付けをオープンチャネルと言い、その逆がヒドゥンチャネルです。ヒドゥンチャネルは、手間がかかる為高価な靴によく見られる加工です。

当店では、革底のオールソールでは要望の無い限り、ヒドゥンチャネルで仕上げます。折角、ソールを新しくするのだから、出来る範囲内で美しく仕上げたいのが心情です。
IMG_123420101013195729.jpg
先ず本底を貼り、切り回したら写真の様なガラスで縫いのかかる部分のソールのエッジを落としてやります。
IMG_123520101013195718.jpg
エッジを落とすと矢印の様に筋がソール周りに2本スッと入ったのが御分かり頂けますでしょうか?幅は、約1ミリ~1.5ミリを目指してエッジを落とす様にしています。
IMG_123620101013195303.jpg
エッジを落としたら次は包丁を入れますが、その前に刃先が来るポイントを1周書きます。
IMG_123820101013195253.jpg
水を塗って革をふやかせて、エッジを落として出来た2本の筋の甲革側の筋から包丁を入れます。刃先は先ほど書き出したラインまで入った状態で厚さを1ミリ強で保ちつつ1周ぐるりと切ります。
IMG_123920101013195219.jpg
切り終えて、革を起こしてやるとこんな状態になります。
IMG_124020101013195206.jpg
革を起こした中に縫い糸がはまる溝を掘ります。修理、底付けを機械で行う際はエッジから、溝迄の距離が大切で、以前縫われていた穴がエッジからどれ位の距離に有るかを測り、同距離に溝を掘らないといけません。この溝がズレると、以前縫われていた穴を拾って縫う事が出来ず新たに穴を開け、ウェルトにダメージを与えたり、縫い目が乱れたりします。

とは言え、機械で縫う場合は100%同じ穴を拾うのは難しく、穴を拾う可能性を100%に近くする為の溝の設定です。

因に手縫いの靴は、100%同じ穴を拾いながら縫うので、複数回の修理に耐えます。勿論時間は数十倍かかりますが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/115-9d3c1bcc