先日、わざわざ大阪に用事がある序でにと、広島より靴をまとめて数足御持ち頂きました。ありがとうございます。
この靴はその内の1足のYANKOのホールカットです。
IMG_140520101106191135.jpg
踵裏の補修で御預かりしましたが、作業に入る前に靴を眺めていたら、写真の矢印のパイピング部分の破れに気がつきました。
これは、普通に踵裏を補修しただけでは破れは隠れないし、このまま履くと摩れて更に破れます。
踵裏の補修と同時に作業する事で、奇麗に仕上げられるので補修する事にしました。
IMG_140920101106191138.jpg
靴の色と同じ色の革を破れた部分に合う様にカットしました。
IMG_141120101106190950.jpg
カットした革を適度な厚みに漉き、縫い付ける位置に貼ります。
IMG_141220101106190947.jpg
下にあるミシンの穴を拾う気持ちでミシンをかけました。
IMG_141420101106190941.jpgIMG_141520101106190944.jpg
そして折り返すとこの様の感じです。そしてここから普段通りの踵裏修理に入ります。
IMG_141720101106190924.jpg
踵裏の穴をカバー出来るサイズに切り出し、適度な厚みに漉いたた革を貼ります。
IMG_142020101106193617.jpg
貼った革にミシンをかけて裏返せば、修理した靴だと思ってみない限りは修理箇所は見破られないと思います。
IMG_142120101106193620.jpg
内側はこのように、全ての穴をカバーしています。

薄くした革を巻き込んで作られているパイピングは、摩擦等でどうしても破れは致し方ない所です。また革が乾燥していると全体的にヒビが入って来たりとディテールとしてはカジュアルなわりに、結構デリケートです。靴のメンテナンスの時には、パイピングにも忘れずに栄養分を与えてくださいね。

以上、今回の踵裏修理¥1500也。

パイピング補修は、地方よりまとめて御持ち頂いた感謝の気持ちでサービスです。と、言うより私の見落としですし、このタイミングで修理するのが一番奇麗に仕上がるので、まとめてやらせてもらいました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/142-fe666c42