IMG_165420101202203147.jpg
先日仮縫いが終わった靴の本制作が本格化して参りました。今回の作業は地味ですが、ここの後一気に靴の形が見え出す靴作りの華やかな部分になってきます。

画像は、中底を予め大まかな形に切り揃えた物を木型に貼付けた状態です。
IMG_165620101202203130.jpg
こちらは、中底を木型の底面の形にジャストになる様に切り回した状態です。
IMG_165720101202203133.jpg
そして底面の外周に溝を先ず作ります。
IMG_165920101202203119.jpg
そしてその内側に更にもう一つ溝を作ります。

外側の溝の矢印の部分の距離が異なるのがお分かりでしょうか?この距離が靴の表情を大きく左右する重要なポイントです。

踏まず部分を内側にえぐらせ細く見せたい時に、中底の踏まず部分を内にえぐり気味に切り回せば、ウエストのくびれたほっそりした靴になります。

しかし、極端に言うと中底のふまず部分の形はどんな形でも良いのです。画像の矢印の距離を多く取ればその分ウェルトが内側に縫われ、ウェストのくびれた靴になります。そして、中底の踏まず部分はしっかり幅が有り踏まずのアーチ支えてくれます。
IMG_166120101202205136.jpg
最後に作った溝をごりごりと画像の棒切れでなぞってやると、溝がはっきりし縫い易くなります。
IMG_166620101202203137.jpg
実際は、甲革とライニングがウェルトと中底の間に入ってきますが、画像の様に一番外側に作った溝にウェルトがはまり込む様に縫われます。

と言う事で、溝の距離は大切なんです。ウエスト部分は視覚的な演出として重要視されるかもしれませんが、踏まず部分から爪先にかけても大切で、外過ぎると靴の立体感が薄れるし、内過ぎると靴底に甲革がのっかっている、まるで、座布団の上におばあさんが正座している様な雰囲気です。地味な作業ですが、数ミリの違いで大きく靴の印象を変える大切な加工です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/167-b19d2558