上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC0017920110114164433.gif
先日、ご紹介した爪先のスチールの取り付けの様に縫い糸にダメージを与えないで、ハーフソールを貼ってもらえないでしょうかとご依頼を受けました。

普段の作業を思い返しながら、グラインダーで接着面を荒らすのでどうしても、糸も少しは削れるのでノーダメージは無理ですと申しましたところ、でしたら普通に貼ってくださいとお願いされ貼る事となりました。
DSC0018120110114164430.gif
しかし、手製靴を作る時は一切グラインダーは用いないのだから出来ない訳も無く、要所を手作業でする事にしました。

写真は、貼るハーフソールのシートの厚みが納まる溝です。これで、接着境界線の面はなだらかにつながります。
この溝は糸に刃がかからない様に包丁で切って作ってます。
DSC0018220110114164426.gif
グラインダーを使うとダメージを与えかねない部分を手でヤスリがけです。
DSC0018320110114164424.gif
グラインダーでOKな部分は一気にグラインダーで面を荒らしました。奇麗に糸が残っているのが見て取れるでしょう。
DSC0018420110114164435.gif
そして溝に合わせて、シートを貼りました。爪先周りの余分な部分に切り込みを入れる事でゴム自体の反発力を軽減させてます。こうしてのりが完全に乾くまでの間置きます。
DSC0018520110114164532.gif
そして余分な部分を切り落としました。これからわずかに張り出したゴムを削り、バリを落として完成です。
DSC0018720110114164418.gif
完成です。男性女性問わず、周知の修理ですのでご存知でしょうが、横から、上からの見た目はほぼ変化は有りません。
DSC0018620110114172659.gif
裏を返せば、勿論こんな感じで変化は有ります。革とゴムの境界線付近の内外に、真鍮釘を打っています。これは、イタリアの修理屋ではよく目にしました。実際、ゴムの剥がれの予防になっているかはハテナ?ですが。
何となく、見た目の安心感が好きでやってます。

以上、今回のハーフソール¥1500也。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/202-830fad2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。