DSC0049720110209214917.gif
カカトがすり減ったので交換してくださいとお持ち込み頂きました。一生履くので御願いします(笑)と仰ったので、一生愛してもらえる仕上がりにしないといけないとプレッシャーがかかります。
DSC0049820110209215118.gif
チャッカブーツの方ですが、古いカカトを剥がし、新しいカカトを貼りました。しかし、ご覧の様に縫い糸が見えているボロボロの状態です。とは言え、お客様が雑に履いた結果ではなく、過去に2度程オールソールしているそうで、その修理の度にウェルトが少しずつ削られて、出し縫いの糸がヒールの断面から出て来てしまったのです。
DSC0050020110209215008.gif
とりあえず、カカトを切りそろえたついでにぼさぼさと出た余分な糸は燃やしました。少しすっきりしましたね。
DSC0050120110209215019.gif
全体的に一皮むく感じで糸のダメージの無い部分はグラインダーで慎重に削り、糸が出ているところは手で力を加減しながら紙ヤスリをかけます。
DSC0050220110209215519.gif
そしてヒールを水で濡らして、糸の繊維と革の繊維を絡めるイメージで一歩方向に紙ヤスリをかけました。
最初の状態と比べて、かなりいい感じにすっきりしてきました。
DSC0050320110209215516.gif
そしてべったりインクを入れました。写真では伝わりませんが、インクを塗った事で、残念ながら革と糸の異素材感が際立ちました。
DSC0050820110209215609.gif
際立てしまった異素材感を消す為に、ロウを塗り込み、様々な形のアイロンをかけて理想の形を表現すると、こんな感じです。もう最初の状態はみじんも有りませんね。
DSC0051220110209215850.gif
最後は、アイロンで形を作ったところを更に平滑にする為にクリームとワックスで仕上げれば、糸が飛び出てボロボロに見えていたヒールも奇麗になります。
DSC0051420110209215834.gif
そしてカカトも新しくなっています。
これで、一生履いてもらえるでしょうか?

以上、今回のヒール補修¥2900也。

結構、特殊な修理に見えるかもしれませんが、機械で作られている靴では稀にウェルトを削り過ぎてしまう事が有り、奇麗にロウで埋めて全く解らない様に補修して、普通に売られています。特にヒールの付け根辺りに多く、お客様の靴のオールソールでばらす時によく目にします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/230-c530d281