DSC0052020110210200021.gif
こちらトレーディングポストさんのオリジナルです。オリジナル同様のダイナイトソールでオールソールを終えました。オールソールのついでに、傷みの激しい靴の内側も修理する事になりました。
DSC0051820110210200010.gif
靴の内側はこんな感じです。せっかく靴底が新しくなっても、内側がこのままでは気持ちよく有りませんね。
DSC0052120110210200431.gif
中敷きを剥がし、穴があいた部分の当て革を切り出し、要所を漉いた物を貼付けます。
右が貼った状態。左が、それを縫った状態です。
DSC0052220110210200524.gif
縫いをかけるのは、表の履き口周りの縫い目の一目一目同じ穴をミシンで拾って縫っていきますので、見た目に変化はございません。
DSC0052320110210201017.gif
縫い付けた当て革を内側へ折り返し接着するとこうなります。

カカト裏の修理には他にも、少し大きめの当て革を貼付けて履き口の縫い目を同様に同じ穴を拾って縫って、履き口から飛び出た余分な革をカットするなど、その他色々有りますが、私はこの方法が一番かと思ってこのやり方で修理しております。

その理由は、内側にステッチが出ない事です。ステッチが出ないと言う事は、靴の脱ぎ履きで、ステッチがすり切れる事が無いと言う事です。修理前の写真の様に履き口がほつれてこないのです。

その分、他の修理方法と比べると少し手間では有りますが。
DSC0052620110210201938.gif
最後は、新しい中敷きをアッパーの色に合わせて製作して敷けば、ご覧の様に靴の中も引き締まり、これで気持ちよく履いてもらえそうです。

以上、今回のカカト裏修理¥1500、中敷交換¥700也。

中敷きはブランドロゴは勿論消えてしまいます。しかし、ブランドロゴを生かして中敷きを制作する方法も有ります。そういった依頼がありましたら、またご紹介します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/231-019e6846