DSC0081020110324235730.gif
イタリアの靴メーカーboccacini社のブランドL'AUTRE CHOSEロートルショーズのニーハイブーツです。
ヒールに巻いてある革がめくれて、巻き革補修にお持ち込み頂きました。
DSC0081120110325000149.gif
革がめくれてヒールの中の白いプラスティックが目立ちますね。また、色も抜けてかさつき、古ぼけて見えてしまいます。

ヒールを外して、巻き革を全て交換すればいいのですが、ニーハイブーツなので靴の中に手を入れて作業し難く、ヒールを外すのにも、再度取り付けるのにも時間と手間がかかるので、修理代がかさみます。

そこで、今回はヒールを外さないリーズナブルな修理を御提案致しました。
DSC0081320110324235758.gif
先ず、傷を消す為にヒール全体にヤスリがけをして、めくれた部分より下を全て切り取ってしまいます。
DSC0081420110324235808.gif
そして切り取られた部分を補うため、新しい革を巻き直します。
DSC0081620110324235837.gif
そして、色を入れ直します。
DSC0082620110324235909.gif
新しいピンを指して、ヒール全体を磨き直せばガッツリ深く入った傷以外は消えて、新しく巻き直した部分も自然に溶け込んで、新品の輝きです。
DSC0081220110324235748.gif
ヒールが奇麗になったので。靴全体も擦れて色が剥げたり傷が入ったりしているので併せて補修です。
DSC0082320110325005731.gif
そして、靴を磨き上げました。上の写真と比べていただければ、差は歴然ですね。
DSC0083120110324235858.gif
こんな感じにあがりました。気になさっていた所に手を加えておりますので、また気持ちよく履いていただけるかと思います。

以上、今回のカカトの傷補修¥1500也。
ブーツ磨き¥1000也。

ヒールの傷補修は勿論、ブーツ磨き、靴磨きはプロ任せにする事をお勧めします。その理由は、しっかり磨こうと思うとどうしても手や洋服が汚れます。靴の汚れが落ちても、自分の服が汚れては意味が有りません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/266-36cbe7ca