DSC0089120110401184530.gif
スウェードの靴の御手入れを御願いできますか?とお問い合わせを頂き、お持ち込み頂きました。

お電話で話を伺ってる際は、どのような状態なのか心配でしたが、お持ち込み頂いた靴を見て、奇麗に仕上げ直し出来そうでしたので一安心。

全体的に色が抜けて、毛が寝てしまい、かなり古ぼけて見えはしますが、大きな汚れやシミも無く、丸洗いまでする必要はなさそうです。
DSC0089220110401184521.gif
そして古ぼけて見せている原因のもう一つがコバ周りの傷です。これを奇麗にするだけで大きく印象が変わります。

そして、爪先の減りが結構有るので、爪先補修をします。
DSC0089920110401184511.gif
爪先補修をしている時に、包丁の滑りで気がついたのが、この靴底はオークバーク(樫の木のタンニンなめし)です。注文靴を作る時に使う素材で、扱いは手慣れたもんです。

今回はコバ周りの毛羽立ちをガラスで削り、紙ヤスリで更に一撫でして、最後に繊維の目を詰める為にコテがけです。最近のお気に入りで、写真の木製のコテを使用しています。コテの滑りが良く、熱を入れない修理では活躍してくれます。

そして、木コテをかけるだけで写真の様に艶やかなコバになりました。
DSC0090420110401184449.gif
最後にインクを入れて軽くバフがけすればこんな感じです。スウェードにはブラシがけをして、スウェードスプレーを一吹きしています。
DSC0090220110401184431.gif
後は、スウェードスプレー、ブラッシングの繰り返しで、退色した色を補いながら、寝た毛をおこす作業を繰り返すとこの様に仕上がります。

コツはブラシの種類と、ブラシのかけ方ですね。ワイヤーブラシ・馬毛ブラシ・クレープを使い分け、寝た毛を起こす意識でブラッシングしていきます。
DSC0090520110401184416.gif
爪先は、ドイツのVKLトーストと言うウレタンとゴムの2層構造の材料を使用しています。地面に接する部分がウレタンで非常に強いのでおそらく、この靴のオールソールの時期まではしっかり保ってくれるでしょう。

今回のスウェードの靴の御手入れは、¥1500也。

時間が有れば、ブラシ片手にスウェード靴と向き合って見てください。諦めていたスウェードはブラッシング次第で結構復活しますよ。

自分でするのは億劫だと言う方は、御待ちしております。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/275-388a3448