DSC0135020110527124845.gif

こちらはジルスチュアートのサンダルです。親指の付け根辺りが裂けたので補修してくださいとお持ち込み頂きました。

この靴に限らず、サンダルはパーツが華奢な物が多くこの様にリボン状の革が裂けたり、抜けたりとよく有りますね。
DSC0135120110527124837.gif
問題の箇所はこの状態です。さすがにこのままでは、足がこぼれ出して履けませんね。
DSC0135220110527124413.gif
先ず、ソールを一部こじり開けて、切れた部分を外し、更に、他のリボンの結び目の中を通っていたので、その結び目からも抜きました。リボンの上に薄ら白い線が有りますが、その部分が他のリボンの結び目の中に有った部分です。
DSC0135420110527124818.gif
そして、切れた部分を完全に切り離し、補強テープを貼って、新たな革を切り出しました。
DSC0135520110527124807.gif
新しい革で、リボンをつくり、継ぎ目にミシンをかけてつなげています。
DSC0135620110527124800.gif
そして、最初に通っていた結び目の中に新しく作ったリボンを通します。革の継ぎ目は結び目の中に隠れる様に作っていますのでご覧の様に継ぎ接ぎはばれません。
DSC0135820110527124752.gif
そして、元の場所にリボンを戻し、抜けて来ない様に釘で固定しました。
DSC0135920110527124746.gif
最後はソールのこじ開けた部分を元に戻せば、ご覧の様に元通りです。
DSC0136020110527124738.gif
ご覧の様に復活です。甲革の切れや剥がれ等は比較的修理を断られがちですが、靴のデザインによっては、継ぎ目を隠したり、デザインにしてしまったりと、今回の様に違和感無く修理する事が可能です。

修理を諦めて眠っている靴一度お見せ頂ければ、何らかの方法をご提案できるかもしれません。

以上、今回の修理は¥2000也。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/326-5c4b4493