DSC0147120110613211827.gif
先日出し縫いの準備で止まっていたセミオーダーの靴ですが、出し縫いが縫い上がり、ヒールの積み上げに入りました。

セミオーダーですので、出し縫いはマシンです。とは言え、靴の雰囲気に合わせた細かいピッチで縫われています。
DSC0146620110613211322.gif
そしてヒールの積み上げです。ヒールの高さは今回20ミリで、3枚の革とトップリフトを積み上げていきます。ソールのお腹のふくらみを取りフラトにする為に、積み上げる革2枚を切ったり削ったりします。

そして、積み上げた革は木釘を使って固定です。複数回のオールソール修理を前提とした靴作りでは、木釘が最も適しているかと思います。靴として使用している間は、しっかり固定され、ばらす時は簡単に奇麗にばらせるからです。

そして最後の1枚は無加工です。何故なら、トップリフトが減り過ぎてゴムを超えて革も削れてしまった場合は革の交換も必要になります。もしこの最後の1枚を加工してあると、修理の時に加工が必要になるからです。
DSC0146720110613211305.gif
そして、積み上がりです。トップリフトは三日月型のゴムのコンビで、ヒールの爪先側の断面にゴムの層がでない様に加工した物を使用しております。

ここ迄来たらもう一息です。明日には仕上がる予定ですのでまたご紹介致します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/343-b7564bfb