DSC0160820110704190836.gif
先日完全にばらした、リウェルトが必要な状態のクロケット&ジョーンズの靴ですが、本日リウェルトの作業に入りました。

写真は新しいウェルトと、糸です。修理とは言え、この作業は靴を作るのと基本変わりは有りません。糸先が細くなっているのを見て頂くとお解り頂けるかと思いますが、糸の加工も、ウェルトの加工も必要です。
DSC0161120110704190827.gif
後は、元縫われていた穴を一つ一つ根気よく拾いながら新しいウェルトを縫い付けます。この作業は、既に穴が開いている分、新しい靴を作るより簡単です。
DSC0161820110704191421.gif
そして、縫い終えました。忘れない様にシャンクをすぐに貼り戻します。

これは、一般的なオールソール修理の際のばらした状態で良くご紹介する姿です。ウェルトを外しばらした状態では靴に戻るんだろうかと、心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、ここまで来ると安心感が有りますね。

ここから先は、コルクを詰めて、ソールを貼って、出し縫いと言う、普通のオールソール同様の作業となって参ります。また後日この続きをご紹介致します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/368-fe1d21d9