DSC0178020110722225611.gif
今回の修理は少し特殊ですが、御歳を召されたお客様から時々ご依頼があるのでご紹介致します。

御歳を召され、靴の脱ぎ履きの際に屈んで靴ひもを結んだり、説いたりするのが大変だと言う事で、体裁は然程気にしないので楽に脱ぎ履きできる様にファスナーを付けると言うご依頼です。

今回御持ち込み頂いた靴はご覧の様なスニーカーです。幾ら体裁は然程気にしないからと言われていても、さすがにミリタリーウェアの様にナイロンテープむき出しで縫い付るのは如何な物かと、極力違和感無い様に取り付ける様致します。
DSC0178220110722225602.gif
今回とファスナーを取り付けるのは靴の内側にします。履いたとき目立ち難いからと言う理由からです。
DSC0178320110722225553.gif
靴には、デザインステッチやパーツ同士の縫合の為のステッチ、靴の中には芯などが入っており、どこにでもファスナーが取り付けれるわkでもありません。適した場所を探し、そこへマークを入れました。そのマークから、必要な長さのファスナーと、ファスナーを覆うパーツの型を取り、革を切り出しました。
DSC0178420110722225545.gif
先ほども触れた様にむき出しのナイロンテープは嫌なので、ご覧の様に先ほど切り出した革でファスナーを覆う様にしました。よく目にする形ですよね。
DSC0178920110722225524.gif
そして、靴にファスナーを貼付けて縫い合わせました。履く人がじっと見れば確かに後付けですが、着用時に他人に違和感を感じさせる事は無いかと思います。
DSC0178820110722225513.gif
最後に、ファスナーが開く様に靴の内側をはさみでカットです。普段は靴底に包丁を入れた、錐を入れたりとしますが、アッパーに刃を直接入れる事はあまり有りませんので、過去に何足か同様の修理をしてはおりますが非常に緊張します。

そしてカットを終えてファスナーをおろせば脱ぎ履きが楽にできる開きが出来ました。
DSC0179120110722225506.gif
完成は、こんな感じです。

さすがに、完成している靴に恰も元々有った様に、無かった物を付け加えるのは難しいです。

しかし、目的が今回の様に脱ぎ履きの快適性の為とはっきりとした目的が有り、その為に多少の見た目を犠牲にしても構わないと有れば、今回の様な形で修理対応致します。

皆さんそれぞれ、靴に対する悩みをお持ちだと思います。実際に靴を前にして話し合い、すり合わせをすれば、何かしら答えが出るのではと思っております。

以上、今回の修理¥3500也。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/387-bc1a9bea