DSC0185520110802232354.gif
こちらは、JMウェストンの靴ですが踵周りに大きなダメージが有ります。

直せる様なら、直してオールソールもと言うご依頼でしたので、踵周り、オールソール共にさせて頂きました。
DSC0185720110802232347.gif
踵裏の擦り切れためくれた革を出来る限り元に貼り戻し、裂けた部分に補強テープを貼り、そこへ適度な厚みの革を縫い付けます。
DSC0185820110802232338.gif
縫い付けた革を折り返し、亀裂を覆い補強しました。
DSC0185920110802232327.gif
その後、踵裏を覆う革を縫い付けました。
DSC0186020110802232317.gif
そして、踵裏を覆う様に革を折り返し、中敷きを貼り直せば完成です。
DSC0186120110802233536.gif
そして、同時にご依頼頂きましたオールソールはこんな感じに仕上がっております。

また、亀裂を補修した小さなパーツですが、極力近い風合いの革を使っておりますが、履き込んだ靴とでは差が出てしまうのでクリームを一緒に入れて、風合いをなじませ、より自然な仕上がりとなりました。
DSC0186220110802232308.gif
踵裏も奇麗になり、この様に脱いでも恥ずかしく有りませんね。

以上、今回の履き口、踵裏の補修は¥3000也。

因に今回のオールソールはダブルソールで¥11500也。

合計で¥14500也。

オールソールとその他諸々手を加えると少し値ははりますが、また新たな気持ちで愛着ある靴を気持ちよく履ける様になります。修理する価値有ると思いませんか?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/399-9258004d