DSC0186820110804231854.gif
こちらはオールデンのコードバンUチップ「タンカーox」です。アメリカンな靴ですね。こちらは、プランテーションソールと言われる靴底で、爪先がレザーその他ソール、ヒールはクレープと言う組み合わせです。

何年も前に購入し、履き倒して、捨てようか迷っていた所で修理の費用対効果が有るのであれば修理しますし、無いなら捨てようと思いますと言って御持ちになりました。

さすがに、何年も履いただけ有って全体的にダメージは有りますが、間違いなく費用対効果が有ると判断し修理させて頂く事になりました。

判断基準としては、交換の効かないアッパー、ライニング、中底の状態です。これらの部位に重度の革の劣化、硬貨が有る場合は修理をお勧めしません。

この靴の様にアッパーに汚れや傷が有ってもそれは問題無し。仕上げ直しで汚れを落とせたり、逆にアジとなってくれますので、仕上がりにご期待下さい。
DSC0186520110804231901.gif
そして、プランテーションソールですが、このような状態です。爪先の革は削れて、クレープは溶け出し、ネチョネチョで、小石などがめり込んでおります。

今回はこれを、Wレザーソールに変更です。
DSC0186620110804233426.gif
そしてライニングは踵の擦れる部分がご覧の様に破れております。こちらも修理致します。
DSC0186920110804231848.gif
一先ず、要らないソールを外して身軽にしました。
DSC0187020110804231840.gif
そして、身軽なうちに踵裏を補修し奇麗に穴を塞ぎました。ソールとヒールが無い分靴の取り回しが楽で、ミシンも快調に縫えます。

そして、ここから本格的にオールソールの修理に入ります。また、作業が進みましたらご紹介致します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/401-2beb9105