DSC0194720110820225541.gif
さて、皆様夏休みはいかが過ごされましたか?

こちらは、夏休み前も、夏休み明けも、同じ修理の続きです。

出し縫いを終えて、踏まず部分の加工を終えた状態で夏休みに入りましたので、本日はヒールの積み上げからです。

写真は、積み上がった状態です。真鍮の化粧釘もしっかり配しました。
DSC0194820110820225531.gif
そして、今回はすごく適当なオールソールからの復活ですので、よりドレッシーに全カラスです。

靴底を黒く塗りました。今回は意図的にマッドな表情になる様にインクをセレクトしています。
DSC0194920110820225524.gif
そして、地面に接しない部分にロウを浸透させて光らせる準備です。地面に接する所も光らせても良いのですが、滑るので、踏まず部分のみロウを浸透させ光らせます。今回は意図的に光る踏まず部分と、マッドな接地面でメリハリをつけドレッシーな靴底の演出をします。
DSC0195020110820225515.gif
そして、浸透させたロウ意外に余分なロウは拭き取るとこの様に光り出します。

マッドな部分と光った部分ではっきりと差が出て、ぱりっとした印象ですが、まだ仕上がりでは有りません。

マッドな部分の革の表面繊維の向きがバラバラで、ムラに見えてあまり美しく有りません。
DSC0195120110820225504.gif
そして、繊維がバラバラの向きを向いていたのを布海苔を煮詰めた物で、繊維を寝かせ付けると驚く程に奇麗になります。
DSC0195320110820225800.gif
そして完成です。この靴が元はマッケイで縫われ、残念な修理をされていたとは先ず悟られませんね。

ここまでやれば気持ちいいですね。きっと辛い過去の修理を忘れて頂けるかと思います。
DSC0195220110820225456.gif
そして、最後に。

。踏まず部分のラウンドウェストの効果を伝えたいのですが、私のカメラ腕ではこれが限界です。

接地面より、踏まず部分がスマートに見えるでしょうか?この効果を狙っての先日の踏まず加工でした。現物を見て頂くと直ぐに違いを感じて頂けるかと思います。

気になる方は、オールソールの際に御申し付け下さい。靴に適したコバの形状、靴底の仕上げ御提案いたします。

以上、今回のオールソールは、レンデンバッハオークバークソール仕様で、¥15500也。


当初は今週一杯お休みを頂くつもりでしたが、ウォーミングアップに本日より営業でした。明日は、また休みで徐々に仕事モードの頭と体に切替え中です。

夏休みボケの頭を切り替えて、感を取り戻し、体調も万全に月曜日御待ちしております。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/412-64bbffca