DSC0200020110829213855.gif
こちら短靴用の木型です。こちらの木型で過去に短靴を作りフティングが良いとの事で、これを使ってブーツを作ります。

しかし、このままでブーツは作れないのでブーツ用にパーツを取り付けます。
DSC0200220110829213847.gif
取り付けるのはこのパーツです。木型軸と言われる物で、カカトに付けるとブーツを奇麗に作れる様になります。
DSC0200520110829213834.gif
先ほどの木型軸をの端を漉いて木型との段差を無くします。その後、木型に釘で固定し、木型軸下部の厚み約1ミリをなくすため、帯革を貼ります。

帯革の木型軸と接する部分は元厚1リ程度を残し、その他の端を極力薄く漉いて貼って段差を無くします。
DSC0200820110829213826.gif
その後、薄く漉いた革で木型と帯革を覆います。これで、釘やその他の簿妙な凹凸を取りきれます。そして革の端をセロハンテープで留めれば、この革の端の段差もぼやかして、靴に影響が出ない様にします。

最後に、木型を抜く為の穴を開けて、穴を開けたままでは靴に穴の痕が残るので、紙テープで塞ぎ、ハンマーで全体を叩きならせば完成です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/422-8c7ee88a