DSC0204020110905224226.gif
先日までバラバラだった靴を組み上げて行きます。その前にこの中底を補強しなくてはなりません。

雨水や、足の汗で、中底はパイパリになっています。この状態を中底の炭化と言って、主に汗の塩分の蓄積が中底を炭化させるそうです。化学変化の知識は有りませんので、どうして人の汗が革を炭に変えてしまえるのか不思議に思います。
DSC0204120110905224238.gif
炭化した中底をそのまま縫い直しても砕けて、足当たりが悪くなるので、当たらし革で補強しました。これで足当たりも良くなりました。
DSC0204220110905224232.gif
先日補修したアッパーに、復活した中底を元合った場所へ戻し圧着しました。だんだん見れる姿へと戻りつつ有ります。

永年、履きこまれ、複合的な理由から爪先はそり上がり、ねじれも生じております。この後、シャンクを入れ直し新しい本底を付ければ背筋が伸びた様になるはずです。

また続きは後日。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/428-38e973a7