上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.08 靴の磨き方。
DSC0205420110908223544.gif
こちらは、オールソールに御持ち込みただいた靴で、オールソールを終えた状態です。BEAMSのオリジナルで、イタリア製のマッケイ製法の靴です。

マッケイ製法では、ソールを縫い付けるのに、中底と本底を一緒に縫う為、中底より外側を縫うことができません。対して、中底の外側に縫い付けられたウェルトとソールを縫い付けるグッドイヤー製法は中底より外側を縫う事になります。

結果、マッケイ製法はグッドイヤー製法より、ソールを縫い付ける縫い目が内側に来ます。

その為、靴底に縫い目を見せないヒドゥンチャネルで仕上げるには、ソールの断面から包丁を深くまで入れて、革を起こさないといけません。

実は、マッケイ製法のヒドゥンチャネルはグッドイヤー製法より緊張する作業なんです。
DSC0205520110908212701.gif
そしてこの靴、オールソールしたのにアッパーがこのままでは非常に残念なので靴磨きです。
DSC0205820110908223307.gif
革の乾燥、かさつきが非常に気になる為、栄養分を与えるのに、デリケートクリームを塗り暫く浸透を待ちます。

写真右がデリケートクリームを塗って、浸透待ちの状態。

左がデリケートクリームが浸透した後、柔らかい布で乾拭きした状態です。柔らかさが調度良いので、布は要らなくなったストールを再利用しております。

乾拭きで十分艶が出ます。しかし、擦れて色がはげている部分、雨シミ等有るのでこの後クリームで、色補修と雨シミをごまかします。
DSC0206220110908223251.gif
そして、乳化性のクリームを塗り込みました。

写真右が、クリームを塗り込んだ状態です。ここで、また暫く浸透待ちです。
雨シミが濃い為、革の色より少し濃い目の色のクリームを使用しました。

そして、浸透後ブラッシングした物が写真左です。
普通はこれで完成でOKですが、後10分ワックスで磨けば色っぽくなるので最後にワックスです。
DSC0206320110908223234.gif
写真右、これもクリーム同様、ワックスを光らせたい部分に塗って放置します。
浸透待ちと言うよりは、ワックスに入っているのロウを冷やし固める為です。

そして、水を数滴たらして柔らかい布と少量のワックスを加えて、優しく撫で磨くと光ってきます。満足いく艶が出るまでこれを繰り返し、最後にストッキングで磨けば写真左の様に艶が出ます。
DSC0206420110908223243.gif
最後に新しい靴ひもを通して、2枚目の写真と同じ角度で写真を撮りました。見比べてみてください。

別物ですね。

オールソールと一緒に今回の様に仕上げ直しをご依頼の場合、¥500にてサービス致しております。

ですので、今回のマッケイ製法のオールソール¥9500+仕上げ直し¥500で、合計¥10000也。

オールソールで、靴底はピカピカ、だけどアッパーはへたったまんまでは残念ですね。靴底も、アッパーもくたびれてしまった靴には併せてご用命下さい。御待ちしております。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/432-c4cf762a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。