DSC0216620110922154825.gif
こちらは、42NDロイヤルハイランドの靴ですが雨で濡れご覧の様な姿となった為、御手入れにお持ち込み頂きました。
DSC0216720110922154817.gif
靴を1日履いていると、足はかなり汗をかきます。実験で、朝出かける前と帰宅後に靴の重さを計り比べると20g増えていたと言う話を聞いた事が有ります。それほど汗をかいているんですね。

靴が濡れて水分が蒸発する時に中の塩分が表革に移動し、乾燥すると靴の表面が白くなったり、凸凹になったります。

この靴が正にその状態です。
DSC0216920110922154807.gif
一先ず、丸洗いし汚れを全て洗い流しました。汚れと共に革の養分も抜け艶が引きました。
DSC0217120110922152419.gif
丸洗いする事で、表面の白い塩分は消えましたが、凸凹がまだ若干のこっていますので、アイロンがけをします。

先ず、凸凹した部分を濡らします。
DSC0217720110922152413.gif
そしてアイロンで、凸凹を平にならしてきます。
DSC0218420110922152357.gif
アイロンの後、汚れと一緒に洗い流された革の養分を補います。今回使用したのは、皮革用乳液でタピールのレダーフレーゲです。
DSC0218620110922152349.gif
その後、同じくタピールのレダーフレーゲクリームで艶だしです。もう履いていて恥ずかしくないレベル迄戻りました。
DSC0218720110922152339.gif
そして、最後の仕上げ前にヒールも仕上げ直しです。革のヒールは雨で濡れるとご覧の様に色が抜けて行きます。見た目が非常にみっともないので、こちらも今からインクを入れます。
DSC0218920110922152333.gif
インクを入れて軽くバフがけするだけでこんなに違いが出ます。
DSC0219020110922162123.gif
最後はワックスで仕上げです。
使用したのはレダーバルサムです。良い艶でましたね。
DSC0219120110922152327.gif
先日の台風で、傘も意味をなさない状態で靴もダメージを受けた方多数いらっしゃるかと思います。
風通しの良い所で、靴のカカトを下にしてシューキーパーを入れずに壁に立て掛け、1日してからシューキーパーを入れ形を整えると良いですよ。

その後、この靴の様になってしまいどうしようもない時はご相談下さい。

以上、今回の修理は¥3000也。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/447-3c423c29