IMG_092220100730180908.jpg
先日に続き、エスパドリューを御持ち込み頂きました。最近購入したばかりで、このまま履けないのは悔しいのでと御持ち込み頂きました。

エスパドリューに限った事ではありませんが。この手の形のヒールが今年よく売れている様ですが、多くの方が今回御持ち込み頂いた靴の様に、ソールが剥がれると仰っています。構造上、局所にテンションがかかり易くそこから剥がれてくるのでしょう。以前、婦人靴メーカーに勤める友人に、修理の相談で連絡すると、メーカーは今、この手の靴の返品と修理でてんやわんやだとの事。
IMG_092320100730180912.jpg

この靴は大きく分けて3層で靴底ができてます。中底、ストーム(上げ底の為に入れるプラスチック素材)、そして本底です。先ず、中底に巻き付けてある布が剥がれているのを糊で補修。その後、本底に甲革を貼付けます。
IMG_092520100730180904.jpg
中底をめくり、ストームの上からビスをもみ込みます。こうする事で、ストームと、甲革と本底が一体化し、1枚目の写真で口が開いていた部分に大きなテンションがかかっても口が開かなくなります。
IMG_092620100730180900.jpg
ビスは、皿ねじを使っていますが足当たりに影響が出ると行けないので、状態によって、コルクを入れます。
IMG_092720100730180855.jpg
後は、中敷を張り合わせれば完成です。奇麗になるもんです。

以上、今回のソール剥がれの補修は¥1000
今回の修理は、靴の作りや、状態により、修理価格の多少の増減ございます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/47-3a511fca