DSC0241620111019220842.gif
こちらは、以前ご注文頂いておりました靴の木型です。一先ず削り終えました。仮縫いで修正が有るかもしれませんのでまだ完成では有りません。

また、トゥの形を左右異なる形で作って仮縫いでどちらにするかを決める事になっており、写真左セミスクウェアと右スクウェアとなっております。

爪先僅か数センチの輪郭や厚みを変える事でがらっと印象は変わってきます。
DSC0241720111019220816.gif
そして、デザイン線を書き入れパターンの製作に入ります。

デザイン線は勿論自由です。しかし、テーラードジャケットのボタン位置がサイドポケットの上端に有る様に、昔から変わらずあるデザインには、美しく見せる為のバランスが存在すると思います。

それを踏まえた上で、お客様の要望や、その木型に適したデザイン線に修正するのが難しい仕事です。

熟練した職人さんは、この線を簡単に一筆書きの様に入れてしまいます。私の好きな作家さんの言葉に「芸術は場数だ」と言う言葉が有ります。正にその通りだと思います。

私も、場数を踏み倒して参る所存です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/471-f000e48f