DSC0242420111022231342.gif
こちらはレッドウィングの9014ブーツです。ヒール交換に御持ち込み頂いたついでに履き口が裂けているので、御直しする事となりました。
DSC0242620111022231117.gif
そして問題の箇所はこの通り。履き口をくるんでいるパイピングと言われるパーツが裂けております。これはパイピングの革を交換する事で。元通りに修理することができます。
DSC0242720111022231317.gif
そしてパイピングの交換の為邪魔なステッチを解いたり、ハトメを外したりして、切れたパイピングを外しました。
DSC0243220111022231126.gif
そして、パイピング用に新しく切り出し、漉き加工した革を縫い付けます。

先ずは履き口に革を縫い付け、それを裏返して履き口を包みますが、元穴を縫う為に少し縫い難いのですが、靴の内側から元のミシンの穴を拾う様にしています。
DSC0243420111022231152.gif
そして縫い上がりがこちらです。そして履き口はブーツを履くとき引っ張る場所ですので、革だけでは伸びてしまう事が有りますので、それを防ぐため内側に伸び留めテープを貼っています。
DSC0243620111022231143.gif
DSC0243920111022231134.gif
そして革を折り返し、これも先ほど同様に元穴を拾う様にミシンをかけ直しハトメを入れ直せば完全復活です。

これは聞いた話で真偽は定かでは有りませんが、ワークブーツメーカーで筒の高さを選択できる様になっている場合、良く出る色は長めに作っておいて、筒の短いブーツの注文が来ると所定の高さで筒を切り、今回の修理の様にパイピングを縫い付けて出荷するそうです。

それを考えると、元に戻せて当たり前ですね。修理してみて、改めて非常に合理的なアメリカらしい作りの靴だなと思い知らされました。

以上、今回のパイピング交換は¥4000也。これは両足のお値段で、片足だけなら¥2000也。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/475-b9be25d5