DSC0244420111024205653.gif
先日コチラ→「立体を平面に」の状態で止まっていた注文靴ですが、本日その平面を展開させて型紙を作り、実際に革を用いて立体にしてデザインチェックです。

それがこの写真です。

キャップのサイズが木型に描いたサイズより小さくなっておりますがこれはわざとです。お客様の申し出で、キャップの大きさは左右変えて見比べたいとの事。右足はキャップの後ろに引かれた白いラインでキャップを付けます。

取り敢えず立体にする上でパターンには問題なさそうです。バランスは写真のサイズのバランスでキャップを作る場合は、バンプを爪先側に寄せて、バンプの間伸びの修正の必要を感じます。

バンプを前に持っていく事で羽の距離が長くなります。その為羽の頂点も下げる必要が出てきます。

羽の頂点を下げると今度はトップライン(履き口のライン)も下げてやらないと行けません。

そうすると履き口は広くなります。また、ベロの長さも修正が必要になってきます。

この様に絶妙なバランスで靴は作られています。
DSC0244120111024205713.gif
そしてコチラも完成したので御紹介しておきます。

靴の丸洗いから始まったオールソールです。

洗ってやると白く吹き出た塩も取れ、履き皺も伸び、かなり状態が良くなったので、新品を目指すべくオールソールを進めて参りました。

ご覧の通り最後に仕上げ直しをしてつやつやピカピカです。
DSC0244220111024205705.gif
靴底も同様にピカピカです。

修理仕上がりの総評は、ユーズド以上新品未満と言った感じでしょうか。

一度履いた以上、決して新品には戻りませんが、メンテナンス次第で新品には無い雰囲気有る奇麗な靴になります。一度お試し下さい。

以上、今回のオールソールはレンデンバッハオークバーク、オプションでトゥスチール&丸洗い仕上げ直しで合計¥17700也。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/476-d2170c27