DSC0266920111116220256.gif
この板は革です。イタリアからやって来たロッカと言う底材です。

カチカチで厚みは5ミリ程に漉きそろえて有ります。

当店では注文靴に使用している革で、ソールもヒールも同じ牛から取れる様にこの板で入れました。同じタンナーの革でも違う牛では、革の色にも違いが有ります。ロットが変われば色の違いも大きくなって来ます。

ソールとヒールを異なるタンナーの革を使うと取ってつけた様なヒールになる事が有ります。特に色の薄いヒール・コバの靴を作る時は注意が必要です。

そんな事にならない様に、そして極力同色、同質に仕上がる様に、1頭の牛からヒールとソールを切り出す様に板で仕入れました。

ここまでやる必要も無いとは思いますが、とにかくいい靴を作る為、ここまでやらないと気が済まないのです。靴作りは麻薬かマスターベーションと言われた事が有りますがその通りだと思います。

そして、靴は煙草やお酒の様な嗜好品ですね。はまると底無しですので皆もお気をつけて。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/500-d98a1976