DSC0299620120123220236.gif
以前、仮縫いを終えた靴のアッパーがそろそろ縫い終わるので、中底の癖付けに入りました。

注文靴の中底は、既製靴の中底に対する考え方と大きく異なります。

既製靴の全てに対して言える事ではありませんが、中底に対する考え方の一つとして、中敷きを貼れば見えない部分なので、安い物を使ってコストを抑えると言う考え方が有ります。

ですので、既製靴の中には中底が紙の靴も存在します。また、革に見えていても、その革を捲ると中は紙と言う事も有ります。

それに対して、注文靴の中底に対する考え方は、交換のできない部分なので、質のいい、長持する良質な素材をと言う考え方です。

その良質な中底を、先ず写真の様に木型底面のの大凡の形で荒立ちします。

その際、踏まず部分は他の部分と異なり切り回し難いのでこの時点でジャストに切り出しておきます。

そして、銀面(革表面のつやつやな部分)をガラスをカンナ代わりに削り落とします。こうする事で、靴の中で足が滑り難くなり、汗をしっかり吸ってくれる様になります。また、靴下への色移りも少なくなると言う説も有ります。
DSC0299720120123220244.gif
そして、先ほどの中底を紙ヤスリで擦って、削りムラをぼかし、見た目にも奇麗な中底を目指します。

その後、ベビーパウダーを木型にふりかけて、中底を釘で固定します。

このベビパウダーで、靴が仕上がった時に木型が抜け易くなると言われます。また、釣り込みの際に誤ってノリが木型についた事に気がつかずに靴を仕上げてしまっても、木型を抜く事が出来る様にと言う説もある様ですが、過信は禁物で、おまじないだと思っております。
DSC0299820120123220251.gif
そして、最後は木型にほぼジャストになる様に中底を切り回して、自転車のタイヤのチューブでぐるぐる巻きにして放置。これで中底が木型底面の形状を覚えてくれます。

癖が付いたらまた後日続きをご紹介致します。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/548-979dc683