DSC0300320120125224310.gif
靴のカカト周りと、爪先は硬くできています。

芯は無くても構いません。しかし無かったら直ぐに型崩れします。また、カカトのホールド感も得れないでしょう。


と、言う事でシッカリとした芯を作り、入れます。シッカリと言うと、分厚い芯にすれば良いのかも知れませんが、それでは見た目にぼってりと野暮ったい靴になってしまいます。

以上の事を踏まえた芯の製作です。

写真は、革を芯の形に切り出し水に漬け込み硬い革をふやけさせて、加工しやすい様にしているところです。今回は丸1日漬け込みました。
DSC0300520120125224316.gif
そして、ふやけた革を漉き加工です。
靴になった時に、厚みが表にひびかない様、エッジを限りなく薄く漉いています。

そして、中心部には十分な厚みを残してあります。

この辺りの仕事の細かさは既製品では難しく、エッジの処理があまく、最初は綺麗に見えていた靴も暫く履く間に、芯の厚みがでてきた経験ありませんか?
DSC0300920120125224304.gif
そして、仕上がりはこちら。
十分な厚みを保ち丈夫、それでいて、エッジは薄々の理想的な芯です。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/550-32084690