DSC0308220120213214836.gif
コチラは、以前より準備を進めて参りました注文靴の仮縫いの靴です。仮底がついて準備完了です。
DSC0308520120213214828.gif
共にトゥの底面形状は同じですが、捨て寸(実際に足が入っていない爪先の部分)の削り方の違いで印象が大きく変わりました。
DSC0303420120213214846.gif
そして、木型切削中の2足の木型のヒール周りを削り終えた状態の比較ですが、左がギリーの木型。右がオックスフォードの木型です。

ギリーは足長では、オックスフォードよりワンサイズ小さいのですがヒール周りにボリュームが有ります。対して、オックスフォードは足長の割にヒール周りが華奢です。
DSC0308820120213220303.gif
そして、これら木型をどの様な考え方で削るかです。

有る御客様の足形を説明用に写した物ですが、この足を既製靴に入れると、印を入れた踏まず部分のボリュムが余分で、靴に押される事が推測されます。

内踏まず側から押されると足が靴の中で外に向かってずれます。仮にカカト周りがしっかりとフィットしている靴であれば、カカトを軸に外側へ足がふられる様な状態になります。すると考えられるのが小指の先端が当たって痛くなると言う事です。

ですので、既製靴ではデザインが華奢な靴でもカカトだけはアンバランスな程に大きい事が有ります。これはカカトを軸に足がふられず、足全体が靴の中でずれ、小指の先が当たる等のトラブルを減らし、万人にそれなりのフッティングを与える為です。

しかしその結果、不細工な履き皺が入る靴になっている事が多いです。

では、カカトをしっかリフィットさせた上で指が当たるならその部分を出してやれば良いと言う考え方も有ります。これが一般的に言われる乗革や乗甲と言われる物です。

これで既製靴より一歩前進ですが、足が木型の中心からずれて入っていると言う事に変わりはなく不自然な履き皺が出る事が有ります。

この皺が出ない様に木型の中心に足をとどめる様に採寸値を元に切削計画を練っております。
DSC0308920120213214812.gif
そして、足の輪郭と採寸値を見ていると必然的に出る事ですが、この足に対して出したざっくりとした計画です。

内踏まずに革を盛り、ジョイント部分(親指と小指の付け根後方の最も巾がある部分)の外側を足の輪郭に沿う様に削ります。

どう言う事かと言うと、このまま足を入れると、内踏まず部のボリュームで外に足がふられるので、内にそれなりのボリュームを出す。尚かつこのままではジョイント部外側に余裕があり、足が外にふれ易くなっているので、足が中心に居座る様にジョイント部外側を少しタイトに削り、しっかり足を固定すると言う事です。

足の輪郭と木型の輪郭と採寸値を睨みながら、木型を削り、辻褄が合い、形になるのは非常に楽しい作業です。

数学の証明問題に似ている様に思いますが、違いは答えがその靴を履く人の感覚で、非常に曖昧な物が答えと言う点です。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/567-37139818