DSC0326720120319103701.gif
先日ヤスリがけを終えて色が入った靴に熱を加えたアイロンをかけて行きます。

写真の電熱器の上に置いたもの全てアイロンです。アイロンをかける場所、靴の仕様によって何種類ものアイロンが必要です。
DSC0326520120319103708.gif
先ずは、半カラス仕上げのため靴底にロウを入れてアイロンがけです。
DSC0327420120319103636.gif
そして、磨き上げれば鏡の様な艶です。そして、色を入れていない部分もふのりで磨いて艶が出ています。左の靴のふのりを入れる前との差をご覧下さい。

因に、ふのりは海藻の一種で上の電熱器の写真の真ん中で煮込んでいる物がそれです。誰が靴底に海藻を煮込んで塗ると良いのではと思ったんでしょうか?きっと昔の職人さんが色んな物を塗り磨きして出た答えなんでしょうね。
DSC0326820120319103652.gif
そしてヒールやコバにもロウを塗り込みます。
DSC0327020120319103644.gif
塗ったロウに熱の入ったアイロンをかけるとこうなります。この後磨き上げればピカピカのヒール・コバになります。
DSC0327520120319103626.gif
アイロンを終えたので、後はアッパーの仕上げです。長らくカバーがかぶっておりましたが、やっと外せます。
仕上げ前で生まれたての赤子の様に無垢な状態ですが、これを磨き上げると赤子から色気の有る紳士へ。そして、履き込む事でアジのあるオヤジの色気と変化して行くのが楽しみですね。
DSC0327620120319103614.gif
と言う事で、一通り磨いてみました。色気が出て参りました。
DSC0328420120319103522.gif
更に、磨きました。そして、更に色気が増しました。こんな感じで、育って行くのが革靴の醍醐味の一つですね。
DSC0327820120319103605.gif
後は、様々な角度からこの靴を見て行きます。
先ずは横顔です。男性の情欲をそそる女性の横顔に感じるのは私だけでしょうか?
DSC0328220120319103539.gif
外踏まずです。

以前ご紹介しましたが、事前に本底の踏まず部分を薄く漉き加工した結果、接地部から後ろヒールにかけて踏まずの厚みが華奢になる様に演出しております。
DSC0328820120319103454.gif
内踏まずです。

コチラは、外踏まずと違い薄く漉き加工した後にラウンドウェスト(丸コバ)と言ってコバのエッジを落とし丸く仕上げる事で、外ふまず以上に華奢な印象を与える演出です。
DSC0327920120319103555.gif
シームレスヒールです。

既製靴に多いカカトセンターの接ぎを無くし、1枚革で羽根パーツを作る事で丸い奇麗なヒールになっております。官能的な後ろ姿ですね。
DSC0328720120319103502.gif
捲りのヒール

ヒールがアッパーに食らいついた様な、捲り等と称されるヒールの作りです。様々な曲線と直線で作られたヒールは手製靴ならではの美しさです。
DSC0329120120319120800.gif
DSC0329020120319120506.gif
最後は記念撮影です。

以上、今回のフルオーダー・フルハンドメイドシューズは157500円也。

アイロン
やすりがけ
積み上げ
トップリフト
糸加工
出し縫い準備
本底加工

中底
釣りこみ・すくい

.
.
.
.
を経て出来上がりました。

正直お時間かかります。それでも良いと仰る方はどうぞご検討下さい。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/598-ab29d9ee