上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC0333620120405220838.gif
以前より修理を進めて参りましたマルタンマルジェラの足袋ブーツですが、本日修理完了です。

先日靴底を縫い付ける準備をした所まで御紹介しましたが、それを縫い終えました。

写真右は縫い終えた状態です。左が縫い終えた後、起こした革を伏せ直した状態です。
DSC0333820120405220829.gif
そして、ヒールの作成です。元々付いていたヒールをベースにダメージの有る部分を削り落として、削り落とした分を新しい革で積み直します。
DSC0333920120405220820.gif
そして、最後にビブラムヒールを貼付け、形を削り整え、色を塗って、磨き上げればヒールの復活です。
DSC0334020120405220811.gif
そして、新しいヒールを付け直し、靴底の仕上げをすれば完成です。

見た目は、縫い目が無いので靴底は貼付けられているだけの様ですが、しっかり縫い付けられているので爪先からべろりと捲れて来る心配は有りません。
DSC0334120120405220802.gif
この靴を受け取った時点ではアッパーにも色々問題が御座いましたが、オールソールのついでに手を加え復活しました。

以下、受け取った際の状態と比較なさって下さい。
コチラ
コチラも

一見もう修復は厳しく思われる場合でも、デザインや製法や素材によってはこの靴の様に修理して、もう暫く気持ちよく履く事が出来ます。

履きこんでへたり出した靴を処分するべきか御悩みの方は、一度御見積もりだけでもお気軽にお問い合わせ下さい。

時間も費用もかかる場合も有れば、以外と手早く、御手頃に修理できる場合も御座います。

因にコチラの靴は、アッパー補修込みのオールソールで¥15000也。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/609-4679cc41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。