DSC0354620120526002411.gif
コチラは、オールデンの靴です。買ってから20年も経つので、ボロボロなんだけど修理可能だろうか?と御持ち込み下さいました。

見た目は、革が擦れて色あせていたり、汚れていたりと、御客様の仰るボロボロの表現にも納得がいきます。
DSC0354920120526002357.gif
更に、爪先はウェルトのぎりぎり迄すり減っております。
DSC0355020120526002742.gif
そして、カカトも調度交換時期でゴムが剥がれ出しております。

また擦れたり、色あせたりのコバやヒールが、いかにもぼろ靴と言った印象にしております。

もちろんを手を加えない限り、この靴は朽ちて行くだけです。しかし、手を加えれば奇麗な靴になります。使い古された表現ですが、この靴は正にダイヤの原石です。
DSC0355120120526002341.gif
そして、石ころをダイヤにしてやろうと手を加えて行きます。

先ずは、古いヒールを剥がしました。
DSC0355220120526002330.gif
そして、減り過ぎた爪先に先ずは革を足します。写真はその革が納まる段差を作った状態です。
DSC0355520120526002303.gif
そして、ヒールは新しい物を貼付けて
DSC0355620120526002228.gif
オリジナルと同様に真鍮釘を打ち込み、仕上げをすればヒールの修理完了です。
DSC0355420120526002311.gif
そして、爪先は先ほどの革を貼り、更にスチールが納まる様に加工して、取り付け完了です。
DSC0355820120526002213.gif
後は、色あせて、表面がばさついたヒールやコバをならして、インクを入れて磨き上げればご覧の様な艶のある奇麗なヒールへと生まれ変わりました。
DSC0355920120526002203.gif
そして、減り過ぎてなくなりかけていた爪先も新品時の厚み迄復活です。
DSC0355720120526002220.gif
そして、アッパーの擦れて色が薄くなった部分を補色して、磨けばご覧の状態です。さっき迄石ころに見えていたこの靴も、今ではダイヤみ見える様になりました。

以上、今回の修理は¥5700也(爪先革厚み調整1000円・ヴィンテージスチール1700円・ヒール交換2500円・靴磨き補色500円)

この靴の様に、素人目にボロボロに見えても、実は手を加えると、全く問題なくまだまだ履ける状態の場合が往往に御座います。処分を考える前に一度ご相談下さい。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/641-fbd5d11b