DSC0359620120615183447.gif
御客様を存分に待たせての完成です。大変申し訳ない気持ちで一杯です。
御待たせした分、満足頂ける靴になったと思っております。

写真は、ヒールを積み上げている最中です。革を1枚ずつ積んでは、木釘で固定を繰り返しヒールを積み上げております。今日の量産靴では、手間がかかりすぎるため、木釘を使う事は有りませんが、最も理にかなった釘です。

理由は、打ち込んで水分を含むと膨らんでしっかり止まる。しかし、ばらそうと思うと靴に負担をかける事無く、簡単にばらすことができ、鉄釘と比べると遥かに軽いのです。

因みこの靴コチラのデザイン線からスタートし様々な行程を経て完成に至っております。
DSC0360620120615183441.gif
そして、ヒールは積み上がり包丁でヒールの形を切り出し、ヤスリで面を整えて、色が入りました。靴底は地面と接しない部分に色を入れる半カラス仕上げになります。見えない所のお洒落ですね。
DSC0360820120615183223.gif
そして、額縁と言う作業。

写真右額縁前、左額縁後。違いお分かりですか?エッジが縁取られて締まった印象を与える仕上げが額縁です。
額縁は写真右のヒールのエッジを見て頂くと解るかと思いますが、蝋をエッジに塗ります。そしてこの蝋をアイロンでエッジに溶かし込んで行くと写真左のヒールの様に仕上がります。

因にこの額縁ですが、奇麗に蝋を溶かし込むのにコツがいるので、既製靴で額縁が入っている靴の中にはマジックでエッジをなぞっているだけの物も有ります。

勿論履けばそれ迄、意識してみる人は、作り手のみ。だったら、パッと見の印象が良ければマジックでも良いと思うのですが、昔ながらのやり方を知っている以上手を抜きたく無いですね。本当に、履けばそれ迄ですがマジックと蝋では見た目の印象が異ります。
DSC0360920120615183432.gif
そして、半カラスにも蝋を入れて磨き上げればピカピカです。半カラス部分以外はヒール同様額縁を施しております。
DSC0361020120615183424.gif
そしてビニールを剥がすとこの状態です。十分奇麗に見えますが、仕上げをすれば十二分に奇麗に見えます。
DSC0361120120615183417.gif
と言う事で、磨きました。十二分に奇麗な仕上がりですね。素敵な色だと思いませんか、バーガンディ。お洒落ですね。紺色のスーツがハマリそうですね。
DSC0361220120615183409.gif
そして、後ろ姿。勿論ヒールもピカピカです。
DSC0361320120615183625.gif
今回、全て手縫いのフルハンドメイドです。それ故、機械では縫うのが難しい程度に迄、踏まずを深くえぐり内ふまずが絞れたドレッシーな靴になっております。
DSC0361520120615184340.gif
結果、横から見ると前足部はコバの張出しは有りますが、踏まず部分はほとんど見えなくなっております。

これを更に華奢に仕上げ、出し縫いの縫い目を見えない様にするのがヴェヴェルドウェストですが、この靴はそれよりも少し控え目な表現のラウンドウェストと言う仕様になっております。

雑誌等では、この靴の様な踏まずをヴェヴェルドウェストと表現するかもしれませんが、私の中ではラウンドウェストです。現在ご注文頂いてる靴にヴェヴェルドウェストの靴が有りますので、その時が来たら私の言うヴェヴェルドウェストがどう言った物かまたご紹介致します。
DSC0361920120615184607.gif
そして、最後は記念撮影です。

以上、今回のフルハンドメイドの注文靴¥165700也。

今回の仕様は、アッパー フランスアノネイ社バーガンディカーフ・ライニング ゴート・ソール ロッカシングルソール・LULUトゥスチール・ラウンドウェストです。

現在靴の製作、修理共に、皆様を大変御待たせしご迷惑を御かけしており申し訳ございません。質を下げずに極力早く、皆様に納める事出来る様努めておりますので、完成迄暫しのお待ちを。









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/655-c9548d32