IMG_110120100821191738.jpg
「JAラミス」あまり聞かないブランド名ですが、ホセ・アルバラデホ・ラミスJose Albaladejo Ramisの事です。靴通の方はご存知でしょうスペイン靴の名家アルバラデホ家の一人で、氏の名前がそのままブランド名になっております。氏は「メルミン」・「カルミナ」の社長です。と言う事で、この靴もスペインの名靴である事が御分かり頂けますね。

私自身はじめて見ましたが、良い革が使われてました。そして、この靴は結構履き込まれ、爪先、アウトサイドの革が摩耗し、ヒールも交換時期で御持ち込み頂きました。
IMG_110220100821191729.jpg
靴底の構造は工夫されていました。写真の様に一部が耐摩耗性に富んだゴム素材が使われておりました。ちょうどこの部分は、ヒール、爪先に序で摩耗の激しい部分で、穴が開いても爪先、ヒールの様な部分修理は困難な部分です。実際グラインダーで削る際に摩擦で削れると言うよりドロッと溶けてその場に留まろうとしていました。革と比べ物にならない耐久性です。

爪先、アウトサイドの革は摩耗し剥がれていましたので、爪先補修の要領で先ずは補修。そして、耐摩耗性に富んだゴムですが、履き込めば勿論減ります。薄くなっていたので、ここでソールの半張りをしました。これでまた暫く気持ちよく履けます。
IMG_110420100821191825.jpg
半張りを終え、ヒール交換も済んだ状態です。いつもこの状態で、私は、すっきりした見た目の満足感を覚えます。実際、機能的な満足感も感じて頂けますよ。
IMG_110320100821191807.jpg
最後に軽く靴を磨いて出来上がり。作業自体は主に靴底で、上から見る分には見栄えが変わる物では無い様に思いますが、爪先の厚みが戻り、不思議とパリッとした印象になり愛情が増しますね。

以上今回の修理の詳細は、爪先補修¥700ソール半張り¥1500ヒール交換¥1650合計¥3850也。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/67-baf8d9be