DSC0402620121106220139.gif
こちらはジョンロブの靴です。爪先が口を開いたのでお持ち込み下さいました。
DSC0402720121106220128.gif
問題の箇所はこの通りです。過去に爪先補修をされている様で、出し縫いの糸は切れており、糊が弱って口が開き出したのでしょう。

爪先だけを見れば、この場合補修の為に貼ってあったゴムを剥がし、開いた口を先ずは接着。

接着後、すり減った分の革を足し、ゴムが収まる溝を作った後、出し縫いをかけ直し、最後にゴムを貼るかスチールを付けるかすれば、口は開かなくなります。

しかし、靴全体をの状態を確認すると、ヒールはすり減り交換時ですし、ソール自体もすり減りが多くそろそろ穴が開き出すタイミングです。

それ故、御客様が気にされていた部分のみをしっかり手を入れて間もなく靴底に穴が開くのは見えていますので、オールソールを提案させて頂きました。

爪先のみの補修とオールソールの修理費用を比較すると大きく異なりますが、結果的にお安く気持ち良くこの靴と付き合えるのはオールソールかと思います。
DSC0402920121106220120.gif
ヒールはすり減り、調度交換時です。ソールにはまだ穴は開いておりません。
DSC0403120121106220053.gif
実際にソールを剥がし、接地部分を切断し、断面を見てみました。


地面と接していないヒール付け根をノギスで計ると4.7mmで元の厚みが約4.7mmだった事が解ります。

写真をご覧頂くとお解り頂けるかと思いますが、接地面側面(コバの周辺)は、3.2mm、そして最も地面と擦れるソール中心部分は残り0.3mmでした。

私共は高額修理を勧める営業方針ではございませんが、靴を見て最も最適と思われる修理方法を提案し、結果修理費用が高くなる場合もございます。

今回の場合はオールソールで御納得頂けましたが、予算が限られている場合はご遠慮なくお申し付け下さい。この靴を例に挙げると、爪先で言うと開いた口に糊を縫って接着。それだけではすぐにまた口が開くので、最後に釘を打って固定する応急処置700円で可能です。

若しくは爪先周りを縫って、ハーフソールを貼る事で、爪先の口開きとソールの穴開き対策2500円も可能です。

ヒールに関して言うとお安い物でビブラムの6mm厚のラバーヒールが1650円〜ございます。

靴を前にご希望を伺い、最適な修理方法を提案させて頂きます。

色んな選択肢を紹介させて頂きましたが、今回はオールソールは最善策だった思っております。結果を後日御紹介致しますのでお楽しみに。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/728-e1783761