DSC0427620130216121541.gif
靴の中には芯が入っております。

カカト周りと爪先に入れるのが一般的です。既製靴の場合、見えない部分ですので手間とコストの削減の為、プラスチックや布帛の芯が使われたりします。

しかし、手製靴は手間やコストは考えずに、最善の素材と手法で作られるため、革の芯が使われます。靴に合わせて切り出した革に漉きをかけて、最厚部で3ミリ程度、芯の厚みを表に響かせない様にエッジ部分は限りなく0に近くなる様に薄く漉いております。

また、内外対称な芯が一般的ですが、私共は写真の様に、内側の芯を長く取る事で、土踏まずのアーチサポートをしっかりしてくれる様にしております。

見た目ではわからない部分ですが、このしっかりとした芯で作った靴を触った時のカッチリ感が一般的な靴との大きな違いを感じる部分の一つかと思います。

あくまで、主観では御座いますが私は固い靴に対して安心感を抱きます。
DSC0427820130216121556.gif
そして、先芯。

これは、実際に作る靴にキャップが有る場合、キャップの接ぎの位置関係で芯の大きさを決めております。
キャップの接ぎの僅かに前方へ芯のエッジが来る様に設計すると、革の重なり合う厚みが自然になり、奇麗な靴になるからです。

勿論これも、デザイン上キャップを大きくした場合は別です。その際は足の指の屈曲部を上限に考えて程よいサイズで作ります。

さて、芯も加工済ですので、ここから一気に靴にして行きたいと思います。出来上がりはまた後日御紹介致します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/758-13653a0e