DSC0437720130511120045.gif
コチラは、ベベルドウェストと言う仕様でご注文頂い靴です。

ウェルトを縫い付けるすくい縫いを終えて、ベベルドウェストの為のウェルト加工を終えた所です。
DSC0437820130511120034.gif
ベベルドウェストは、踏まず部分の出し縫いを見えな様に加工する為、見た目に華奢でエレガントな仕上がりになります。

写真を良くご覧頂きますと御解り頂けますでしょうが、前足部のすくい縫いの糸からのコバの出幅と、踏まず部分のコバの出幅が大きく違います。

もう釣り込みを終えているので見えませんが、ウェルトの縫い付ける位置も前足部でと踏まず部分とでは、踏まず部分の方が4ミリ程内側に縫い付けられる様に中底の加工の段階で設計してあります。

その為、ふまずがくびれたグラマラスなシェイプが生まれます。
DSC0239920111015211624.gif
そして、コチラの写真は、以前作ったベベルドウェストではない靴のすくい縫いを終えた状態です。

上のベベルドウェストの加工をした物と比較頂くと既に雰囲気の違いが出始めている事に気がつくでしょう。
DSC0437920130511120053.gif
そして、すくい縫いの段階でも踏まず部分のみ縫い方を変えております。通常、ウェルトは地面に対して平行に縫われる事が多いのですが、ベベルドウェストでは、踏まず部分のみウェルトがアッパーに沿う様に縫い付けております。

更に、アッパーに沿う様に縫い付けたウェルトをエッジに厚みを感じないレベル迄薄く漉いております。写真では解り難いかもしれませんが、既にこの状態で踏まず部分のウェルトは無い様に見えます。

この後、本底を貼り、アッパーに沿ったウェルトをおこし出し縫いをかけて、また伏せ直すと言う作業が待っております。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/774-6c047ed1