DSC0451020130712071855.gif
コチラは、靴の形になってほぼ完成の靴です。
DSC0451820130712071758.gif
そして、コチラは完成した靴です。

調度1工程遅れで2足の靴の製作が進んでいたので、靴の形になってから仕上がる迄の違いをご紹介致します。
DSC0451120130712071844.gif
DSC0451920130712071749.gif
先ず、ヒールは仕上げ前はヒールの付け根が波打ているのがお分かりでしょうか?これを最終的には真っ直ぐなる様に包丁やヤスリを使って仕上げると下の写真の様になります。
DSC0451220130712071833.gif
DSC0452020130712071739.gif
ヒールは始めから真っ直ぐに積み上げるのではなく、少しずつ前にずらして積んでいますので、仕上げ前ではヒールはガタガタでしゃくれております。それを最終的には包丁で一気に切って形を出しますので、仕上げれば奇麗な直線的なヒールになります。
DSC0451520130712071816.gif
DSC0452220130712071729.gif
踏まず部分は少し演出を加えた部分ですが、仕上げ前ではウェルトのバリやウェルトとソールの接合部の段差や出し縫いの後に伏せ戻した革の厚み等が気になります。それをヤスリやガラスやコテをつかって整えて行くと奇麗な丸みを持った踏まずが完成です。
DSC0451720130712071807.gif
DSC0452520130712071708.gif
そして、ウェルトの上面も仕上げ前はガタガタです。これを包丁で切りそろえ、ヤスリとコテで仕上げ、最後にウェルトのエッジ部分にウィールをかけると見慣れたコバの姿となり完成です。
DSC0451420130712071825.gif
DSC0452420130712071720.gif
そして、靴底も仕上げ前はどうしようもなく中途半端な感じに見えますが、ヤスリでソール表面を削り整えて、染色後、コテをあてて磨き上げれば、奇麗な半カラス仕上げとなり全く別の表情を見せてくれます。


この様に仕上げで、今迄気になっていた部分を全て拭い取る様な感覚でなんだか大掃除をしている気持ちに近い物を感じます。

最後はビニールを剥がし、アッパーの仕上げです。完成したのは靴底のみで、まだまだ本完成しません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/783-0993430c