DSC0450520130715162618.gif
コチラは、Dr.マーチンの靴です。古い物ですが、それほど履かれておりません。しかし、経年劣化で履き口の合皮部分がボロボロです。履き口以外の本革部の状態は良好のため、この履き口さえリニューアルすれば、気持ちよく履いて頂けるので、修理となりました。
DSC0450620130715162605.gif
問題の箇所はこのような状態です。ギラギラ、ピカピカで履く靴では有りませんが、流石にこのままではみっともないですね。
DSC0452620130715162546.gif
と言う事で、先ずは元々着いていた履き口パーツを取り外しそれから型紙を取って、その型紙を使って、今後時間が経っても、加水分解する事のない本革を切り出しました。
DSC0452720130715162539.gif
そして、新たに切り出した本革で新しいスポンジを挟み込むと、熟れ過ぎたバナナの様な履き口パーツが出来上がりました。
DSC0453020130715162526.gif
そして、先ほど作った履き口パーツを元の様にはめ込み、元のミシン穴を使って縫い付ければ、ご覧の様に見た目を変えずに、リニューアルです。
DSC0452820130715164441.gif
履き口パーツを交換しただけですが、全く別の靴の様に仕上がりました。
元は合皮でしたが、今回は本革で修理しておりますので、永年時間が経ってもお持ち込み頂いた様に加水分解する事はございません。

以上、今回の修理は¥4000也。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/784-ec7b69d0