DSC0497620131009152904.gif
コチラはエドワードグリーンの靴です。ヒール交換の為御持ち込み頂き、ついでに元の様に磨き直して欲しいとご依頼頂きました。

画像からは解り難いかもしれませんが、クリームとワックスが厚塗りされた結果見た目を損なっております。

クリームをたくさん着けてケアする事が良いと思う気持ちは解ります。かく言う私も洗濯する時に、洗濯洗剤を説明書きにある量より少し多めに入れてしまいます。

多めの洗濯洗剤の弊害は知りませんが、靴に関して言うと多めは命取りです。厚塗りが革のひび割れの原因になるからです。

と言う事で、古いクリームやワックスを落として仕上げ直しをする事となりました。
DSC0501820131009152832.gif
DSC0502020131009154840.gif

先ずは、クリーム・ワックスを落としました。

簡単に落とすと言っても厚塗りされたクリームやワックスは固まっており、市販されているリムーバーの説明書通りには簡単に落とせません。

ですので、先ず表面を軽く温めて古いクリーム・ワックスを溶かします。それを素早く布で拭い取ります。その後、再度表面を温めてブラッシングして、細部に固まっているクリーム・ワックスを伸ばします。そして、更に拭き取り、最後はリムーバーで残リを丁寧に拭きとってやっとこの写真の状態にまでなります。
DSC0502120131009152819.gif
DSC0502320131009155140.gif
そして、古いクリーム・ワックスを落とす事で革にとって必要な水分、油分も失ってしまいますので、アニリンクリームで補い、抜けてしまった色も乳化性のクリームで補色します。

すると、全体に色と艶が戻りしっとりとした上質の革の風合いが復活しました。
DSC0502820131009152809.gif
最後は、ワックスを芯の入った爪先と踵周りにのみ薄塗りして磨き上げると完成です。以下before・afterで比較下さい。
DSC0497820131009152853.gif
DSC0497720131009152841.gif
before
DSC0502720131009152757.gif
DSC0502520131009162114.gif
以上、今回の修理は¥2000

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/799-2aa1cc91