DSC0513720131218191142.gif
コチラの靴は爪先の減り補修にお持ち込み頂きました。
DSC0513620131218191153.gif
問題の爪先はこの状態です。薄くなってウェルトが見え隠れしている状態です。その他、穴が開いていない部分も含め接地部は薄くなっております。ですので、爪先部分のみでは無く、接地部全体をハーフソール補修する事になりました。

しかし、ウェルトまで見え隠れする状態ではハーフソールを貼っても見た目があまりにも残念ですし、剥がれ易いです。

と言う事で、見た目・履き心地を元通りに、尚かつ耐久性も兼ね備えたハーフソールで補修する事になりました。
DSC0513820131218191131.gif
先ずは、大胆に接地面より少し後方よりソールをカットします。

なんだかこの状態を見ると、スーツ姿でジャケットも脱がず、ネクタイも外さないうちから、ズボンを脱いでしまった様な違和感を感じます。
DSC0513920131218191121.gif
そして、剥がれ落ちたコルクを盛り直し、新しいハーフレザーソールを貼るのですが、先程切り落としたソールの切断面と、ハーフレザーソールの断面が合う様に角度に注意して断面の加工を行います。
DSC0514020131218191113.gif
そして、新しいハーフレザーソールを貼り合わせました。

今回使用するのは、レンデンバッハのハーフレザーソールです。

詳しい方はご存知かもしれませんが、コチラのハーフソールは今では無い箔押しがされた物です。永年使われるうちに箔印が崩れて、奇麗に箔押しが出来ないと言う事で今日では異なる箔が押されております。

その、箔押しがまだある時代の革だからと言う訳ではないでしょうけれども今回使用した素材は包丁で切るのも一苦労な程の固さで、間違いなく以前より丈夫になっているはずです。

レンデンバッハのソールには3種類の固さが有り、フレックス、ノーマル、ハードと種類分けされているそうで、そのハードに値する固さの様に思われます。
DSC0514420131218191056.gif
そして、出し縫いをかける為に革を起こし、出し縫いが収まる溝を掘りました。
DSC0514620131218191049.gif
そして、出し縫いがかかった所です。出し縫いが先ほどの溝に奇麗に収まってくれております。しっかり縫い付けておりますので、圧着だけのハーフソールと違って、ノリが緩んで剥がれ落ちる心配がございません。
DSC0514720131218191041.gif
起こしていた革を伏せもどして、ソール表面の汚れた層を薄く削り落としました。
DSC0514820131218191032.gif
最後に靴底の仕上げをすれば完成です。
勿論見て取れる、新しい所と古い所の差がありますが、継ぎ合わせた部分は面一で合わさっており、触って段差を感じる事の無い自然な仕上がりです。
DSC0515020131218191020.gif
横からの見た目も、よく見れば継ぎ目は有りますが、通常使用では先ず悟られる事の無い仕上がりです。
DSC0515120131218191012.gif
以上、今回の修理は¥7500也。

レンデンバッハのオールソール¥14500、そのハーフソールだから大凡ハーフの¥7500です。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/811-a4bbdf0a