IMG_105220100908101722.jpgIMG_105320100908101725.jpg
IMG_105520100908101715.jpgIMG_105620100908101728.jpg
靴の中にはシャンクと言われる人間の背骨の様な役割を果たす物が入っています。これが無いと靴底は簡単に曲がり、ヒールの高さのある靴では特に歩きにくくなります。ダンスシューズの様に曲がらないといけない靴には勿論入っていません。

シャンクの種類は多数あり、スチールやプラスティック、木、革など様々です。今回は軽さと丈夫さ、成形の容易さから竹と革を併用しました。

先ず、竹を加工しました。
大きな竹を割り、節の無い部分のみを使い適度なサイズに切り、適度な厚みになる様に加工しました。そして最後に中底のカーブに合う様に熱を加えて曲げて行きます。この一連が写真の状態です。
IMG_105720100908101711.jpg
中底に竹を張りつけた所です。竹を曲げて中底の曲線に合わせた事でぴたっとくっついています。
IMG_105820100908101708.jpg 
竹の上に、革を貼付けた状態です。軽く包丁を使って形を整えています。
IMG_105920100908101705.jpg
前足部にコルクを詰めて削り形を整えました。その際に革の部分とのつながりも奇麗に作り、革自体も更に包丁やガラスで削り最終的な形を作り出しています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/84-df41b3a9