DSC0542120140531114755.gif
こちらはレペットの靴です。
靴底以外の状態は問題ないので、修理できるのであればとお持ち込みいただきました。
DSC0542220140531114746.gif
問題の箇所はすり減って、破れて口を開いております。
DSC0542320140531114736.gif
今回は、潔く悪い部分は取り除き、新しく靴底を移植しようと思います。
靴を裏返しての作業になりますので、靴下を裏返すようにひっくり返しました。
DSC0542420140531114724.gif
今回ダメになっているところは、線からつま先にかけてですので、ここをカットします。
DSC0542520140531114715.gif
そしてカットしたのがこちらです。この状態で綺麗に直せるものか少し不安になりますが、製法が手製靴に似ているので、同じ様な素材を使って、同じ様に加工して、同じ作業を踏めば元通りになります。
DSC0542620140531114704.gif
と言うことで、切り離した部分と同じ形で革を切り出しました。
DSC0542820140531114657.gif
そして、その革を靴に貼り合わせて微調整したら、元の様に溝や切り込みの加工を施します。DSC0542920140531114649.gif
そして、新しく作った溝を使って新しく貼った靴底を縫い付けました。
DSC0543120140531114640.gif
靴底が縫い上がったので、靴を元どおりにひっくり返すとこの状態です。
DSC0543320140531114633.gif
そして、またすぐすり減ってしまわぬ様にハーフラーソルを貼るために加工しました。
DSC0543520140531114626.gif
最後にハーフラバーソールを貼って復活です。
DSC0543620140531114618.gif
勿論移植した境界線に違和感はありません。

以上、今回の修理は両足で¥5800也

いよいよレペットのシーズン到来ですね。レペットの靴でお困りの方ご相談ください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/853-1a559c2c