DSC0633320150414132133.gif
コチラはバーカーブラックの靴です。ニューヨークのデザイナーが伝統的なデザインにユーモアを加え、英国老舗メーカーで製作と言う、異色のモダン本格靴で、何年か前にブレイクました。
DSC0633620150414132141.gif
DSC0633520150414131858.gif
極端に小さなキャップ、独特のラインのカカト周りのカウンターパーツ、穴飾りは◯とX、テンションのかかる羽根の付け根の補強縫いでカン留めと言われる部分もX、紐の通し方もXX。非常に個性的なデザインです。しかし、ブレイクから何年か履けば勿論靴底もすり減ると言う事で、オールソールに御持ち込み頂きました。
DSC0630820150414131849.gif
そして、通常のオールソールは難なく終えましたが、この靴のシグネイチャーである靴底のドクロの再現を依頼されております。
DSC0630920150414131910.gif
コチラは、元々のソール。ドクロが真鍮釘で描かれております。
DSC0631120150414131820.gif
オリジナル同様にと言う事ですので、透明のフィルムをソールに貼り、釘の位置を写し取ります。
DSC0631220150414131806.gif
写し取ったフィルムから型紙を作りました。
DSC0631420150414131907.gif
型紙を当てがい、下穴を開けました。既にドクロです。
DSC0631520150414131830.gif
先ほどの穴に釘を打ち込んで行きます。
DSC0632020150414131813.gif
最後は、打ち込んだ釘をギリギリでカットして、ソールと面が揃う様にヤスリで釘を削り色を入れたら完成です。

如何でしょうか?元のソールと遜色の無いドクロです。
出来る事はやります。無理難題ご相談下さい。

以上、今回のオールソールは¥13900也。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/927-dc2ce9c6