DSC0636320150509102255.gif
Lazy-Man (怠け者)shoseを作っているといつも、履く者に取ってはLazy-Manかも知れ無いけれど、作る者からしたら、プレーンなオックスフォードを作るよりも手間隙がかかり、敢えて Hard-Worker shoseと呼びたくなります。

その手間隙をかけた靴が完成したので御紹介させて頂きます。

デザインはセミブローグをベースとしたLazy-Man ですが、キャップはイミテーションキャップで、ステッチと穴飾りでキャップを表現してあります。キャップを分けて取らない分、革の取り効率は悪くなりますが、注文靴では贅沢に革を使うので問題有りません。

シューレースもアッパーと同じ革で作られていますが、切りっぱなしの物が多い既製靴とは異なり、薄く漉いた革を三つ折りにして作っています。
DSC0637820150509102805.gif
DSC0636820150509102808.gif
この靴をご注文下さった方はほっそりとした足をされておりますので、足型のスマートさを生かし、シャープな底付けにしました。

踏まずのアーチ部分のフィッティングをお求めでしたので、2度の仮縫いの後、木型を削り踏まずを出来るだけ持ち上げました。

また持ち上げた踏まずが落ちて来ない様に、アッパーとライニングの間にコントラフォルテと言われる革芯を入れています。

そして、コバの張出しは控えめ、ヴェヴェルドウェストで踏まずは絞ってよりシャープな印象に。
ヒールもアッパーに食らいつく様な小さな控えめなヒールに仕上げています。
DSC0636520150509102815.gif
靴底はフィドルバックの半カラス仕上げです。エッジが効いて引き締まった印象に仕上がりました。

以上、製作者目線からHard-Worker shose¥181300也。

Lazy-Man 、少し癖あるデザインの靴ですが、良い感じに纏まりました。今から更にもう一癖ある靴の製作に入ります。

また、作業の合間をご紹介させて頂きます。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/930-c9384b08