IMG_111220100922132627.jpg
ヒールの作製で止まっていたこの三陽山長のドライビングシューズですが、本日やっと前足部分のソールの作製が終わりました。

元のゴムソールと同じ形に革を切り出し、貼り合わせ更に微調整の為に切り回しをします。その後、ヤスリをかけて形をだし、縫いをかける溝を掘った状態です。

今回はあえて、ベイカーのオークバーク(もみの木のシブでなめした革)の中底を本底に選びました。理由は、靴が柔らかいので、柔らかさを殺さない為です。そして、オークバークは水をさす事で、形を出すのに調度いい粘り気が出る素材だからです。今回の様に少し特殊な形状のソールを加工する際には適材かと思われます。

この後縫いをかけ、上からビブラムのラバーを貼り、仕上げをすれば完成です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/95-41a9bb79